福岡県で人気の紅葉スポットはどこ?見頃はいつごろ?混み具合などまとめました

Sponsored Links

ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_s

福岡県の紅葉スポット~その美しさと強さ、色づく世界に感動を求めて~

 

 

紅葉の季節、木々も地面も赤く染まって、肌寒くなんだか切ないけど、心が洗われるような、浄化されるようなそんな気持ちになります・・・。

 

 

今回は、福岡県の紅葉スポットを紹介したいと思います!

 

 

●秋月城跡

 

 

まずは、福岡県朝倉市秋月野鳥にあります「秋月城跡」の周辺です。ここはとても有名なので行ったことのある方も多いのではないかと思います。

 

 

ここには「筑前の小京都」と呼ばれる城下町があり、紅葉で赤や黄色に染まって、その景色は息を呑むほど美しくとっても幻想的なんです。

 

 

この秋月城、1624年初代藩主長興によって築かれました。今も、当時のまま残っている長屋門や旧大手門の黒門と紅葉の相性は最高で、ここはぜひ見て欲しいポイントです。

 

 

ただ、毎年50万人ほどの観光客が訪れるので、時間帯によってはあまりゆっくり見ることはできないかもしれません。

 

 

秋月城跡周辺の紅葉の例年の見頃は、11月下旬~12月上旬です。

 

 

秋月城跡周辺は、24時間自由に観光できて、料金も無料です。

 

 

駐車場はお金がかかりますので、車でお越しの方はご準備して行ってください。

 

 

ちなみに、夜はライトアップされませんので、明るい内の観光をオススメします!

3ff914053c26174b06ce82495c594aa6_s

 

●宝満宮竈門神社(ほうまんぐうかまどじんじゃ)

 

 

福岡県太宰府市内山にあるこの神社は、縁結びや方除けのご利益があることで有名なので、知っている方も多いでしょうか。平成25年に、国の史跡に指定されました。

 

 

紅葉の見頃は、例年11月中旬~12月上旬です。

 

 

11月下旬には、「もみじ祭り」が開催されていて、神賑行事やフリーマーケットなどで盛り上がっていますよ!

 

 

夜はライトアップされ、お昼とは違う美しさが楽しめます。また、神社や日本庭園など日本ならではの風景とともに紅葉が楽しめるのも嬉しいですね。

 

 

参道に舞い散ったモミジがとても美しく、ついこの道がずっと続けばいいのにと思ってしまうほどです。余談ですが、春には桜の名所としても賑わいを見せています。

Sponsored Links

●清水寺本坊庭園

 

 

福岡県みやま市背高町本吉にある、大きなお寺です。国指定名勝の清水寺本坊庭園は、室町時代に雪舟が造ったと言われています。

 

 

この庭園と紅葉のコントラストはまさに圧巻で、日本を代表する絶景と言われており、秋は特に多くの観光客が訪れます。

 

 

こちらも、紅葉の時期にはもみじ祭りが開催され、特産品の販売がされていたり、多くの方で賑わっています。本坊の縁側に座り庭を眺めることで癒される方が多くいます。

 

 

見頃は例年、11月下旬~12月上旬です。

 

 

拝観料が300円、時間は9時~17時までです。

 

 

●雷山千如寺大悲王院

 

 

福岡県糸島市雷山にあります、「雷山千如寺大悲王院」です。こちらの千手観音は国の重要文化財に指定されています。

 

 

秋になると、200本以上あるカエデが美しく染まり、世界の色が変わります。

 

 

こちらの一番の見どころは、樹齢400年を超える大きなカエデの木で、福岡県の天然記念物に指定されています。

 

 

400年生きてきたカエデの木はまさに圧巻で、とても写真やテレビでは伝わらないその強さと美しさをヒシヒシと感じながら、パワーを頂いているような気持ちになれます。

 

 

紅葉の見頃は、例年11月上旬~11月下旬です。ぜひ生命の強さと美しさを感じに、訪れてみてください。

3b9e226c5e432fe12f7e9b97cf2fe408_s

 

●まとめ

 

 

まだまだ福岡県には様々な紅葉スポットがありますが、その中でも、私が特にオススメのスポットをご紹介させていただきました!

 

 

有名なところもあり、テレビや雑誌に何度も紹介されている場所もありますが、聞くのと見るのとでは大違いで、どこも一見の価値ありだと思います。

 

 

四季折々の色づく世界はとても感動しますね。まだまだ知らない世界もありますが、私はこれからも心が震えるような感動を求めていきたいと思います!

Sponsored Links