ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズを見ると嫌なことも頑張れるのでレビュー

Sponsored Links

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズが支持されている理由は?

 

私は第1回 絶対笑ってはいけない温泉旅行の旅!からガキの使い、笑ってはいけないシリーズのファンです。第1回目の笑ってはいけないは、対決で負けたメンバーは罰ゲームの舞台で過ごし、その間は笑うことを禁じられ、笑ってしまうとその場できつい罰が執行されるという過酷なものでした。

 

放送は大晦日。対決に負けたメンバーは罰ゲームに参加。罰ゲームは、マネージャーの藤原寛により進行されます。

 

対決に勝った者は、罰ゲームの指揮者(笑わす側)として出演。名前を呼ばれていない者が罰ゲームを受けたり、誰も笑っていないのに罰が執行される場面も存在する。というのが笑ってはいけないの大まかな流れとルールです。

 

毎年舞台も変わっていく楽しみと、豪華な仕掛け人に驚かされています。毎年大物芸能人が仕掛けていたりするのでそこが見所だと思います。その年に流行した芸人さんが仕掛け人として笑わせるのですが、そこに大物芸能人さんが同じ芸を披露してメンバーを笑わせる・・・今では定番になってますが、それでもやはり笑ってしまうのが、なんともこの番組の魅力だと思います。

 

ここ数年定番化している、山崎邦正さんと蝶野さんの絡みも毎年の楽しみですねマンネリ化防止のため、他メンバーが蝶野さんビンタをくらいそうになるドキドキ感はここ近年の新しい感覚になり、また面白さをましているとおもいます。

 

この番組が作られた当初。もともと松本さんチーム、浜田さんチームに分かれて企画で負けたほうが罰ゲームに参加し勝った方は仕掛け人として参加するものでした。しかし、年々スケールアップする中で対決がなくなり全員参加という企画になっています。

 

個人的なイメージでは 対決型(2003~2006)

 

内輪ネタや仲間同士の足の引っ張り具合がおもしろい。仕掛け人として参加するガキメンバーの悪ふざけ最高に面白かったですね

 

全員参加型(2007~)

 

スケールが大きくなり、旬な芸人さんや大御所芸能人などが参加されるようになりました。 個人的には対決型の方が浜田さん、松本さんのなすり合いや後輩であるココリコさん、山崎邦正さんの先輩いじりなどが好きですが、今のニーズに応えるエンターテイメントとしては全員参加型の方が気合入っていて良さもありますね。

 

ただ、やはり2007年からのマンネリ化はいなめないところがあるなと感じてます。1番マンネリ化をしているなと私が感じているのは ココリコの田中さんが受けるタイキックです。近年で遠藤さんがタイキックを受けたり、他メンバーの罰もちらほらでてますがやはりメインでタイキックを受けるのは田中さん。というのは定番といっても、やっぱりか感が否めません。

 

同様に山崎邦正さんの蝶野さんネタですね。これは見飽きたという視聴者さんも少なくないんじゃないかな?と感じるほどマンネリしてるとおもいます。ビンタされた時はやはり面白いのですが、やはりもう少し捻りが欲しいのが正直な感想です。

 

毎年浜田さんの女装とゴリラネタだけは毎年のことがら飽きないのは浜田さんの魅力だと思います。

 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズの残念な部分

 

残念なとこはガキの使い笑ってはいけないは、とにかくCMが多く感じます。そしていつのまにか毎年の年を越していることですね。なんせ放送中に年が変わってしまうのでカウントダウンができない年越しをすごしております。

 

1番私が好きなのは怖がってはいけないの部分は毎年田中さん、浜田さんの怖がり具合が異常で楽しませてもらってます。

 

私が1番好きな会は 2007年第五回の『絶対に笑ってはいけない病院24時』からレギュラー五名全員参加です。丁度全員参加型に切り替わった年の回は新鮮味もあり、ゲストの仕掛け人芸人さんや芸能人さんも、メンバーの方々も何度見ても飽きません。

 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズの過去の作品は現在Huluにて配信中です↓
hulu

 

管理人は嫌なことがあった時に、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズを見て爆笑させてもらい、ストレス発散しています。生きる活力がもらえるのが、このシリーズのいい部分ではないでしょうか?何も考えずに笑いたい人には是非見てほしい番組です。

 

いつでもどこでもダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズが見られるようになるなんていい時代になりました。

 

※紹介している作品は、2019年1月9日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

Huluの公式ホームページはコチラ↓
hulu

 

またいい作品がありましたらシェアしていきたいと思います。

 

それではまた

 

Sponsored Links