名探偵コナンの能力や強さの秘訣は何?ベルモットとコナンの関係は?気になることが多いのでまとめて見る方法公開!

Sponsored Links

名探偵コナンを見て思ったこと・・・コナンの能力、その強さの秘訣とは?

 

名探偵コナンといえば子供から大人まで多くの人が知っている人気作品です。本来ならやり手の高校生探偵であるはずの主人公が謎の組織に薬で小学生に変えられた為、小学生の姿のまま持ち前の頭脳と正義感で難事件に挑みます。

 

この作品の一番の見所を挙げればやはり謎解きです。コナンは事件現場の状況や関係者の証言から、常に重要情報を探し出しています。どんな些細な情報からも事件犯人を探し出してしまうことから、元の身体の時は名探偵工藤新一として有名でした。

 

その優れた能力は推理小説家である父の血を受け継いでいたり、刑事や探偵といった周りの人物に影響されたものだと思います。ですがそれだけが理由ではなく彼は他の何よりも推理が大好きで、関わりのない事件にも自ら積極的に関わります。

 

それが推理能力が低下しない理由かな?と思うと同時に、こうした高い能力があることに羨ましささえ感じました。コナンは過酷な経験もしましたが、好きなことに思いっきり打ち込めて幸せなほうだと思います。

 

犯人逮捕に役立つ優れたアイテムとコナンの達人技

 

コナンは推理が好きなだけでなく正義感の強い人物として描かれています。その為犯人を洗い出した後も、犯人が逃走したり大切な人が人質になった場合は必ず犯人を追いかけます。

 

ここで活躍するのがスケートボード・サッカーボール・蝶ネクタイ・麻酔針搭載時計等のアイテムです。特にスケートボードはターボエンジンを搭載し一度充電すれば30分は走行可能で、作中では犯人逮捕に大きな貢献をしていました。

 

犯人が乗ったバイクや車はかなりのスピードを出していましたが、猛スピードで追い付いてしまいます。それだけでなくガードレールを飛び越えたり急な坂を下ったりと何でもありでした。

 

そうですコナンの手に掛かればどんなアイテムでも性能以上の効果を発揮するのです。例をもう一つ挙げると時計型の麻酔銃を使って目標に命中させる場面があります。

 

発射する小さな麻酔針を内蔵した時計も凄いですが、それを正確に命中させる腕は一流としか言い様がないです。なので作中で登場する優れたアイテムだけでなく、主人公の腕には頭が下がります。

 

ベルモットとコナンの関係は?

 

魅惑的な容姿とスタイルを持ち華麗に仕事を遂行するベルモットと、コナンの関係について触れていきたいと思います。この作品が最終的に目指すのは黒の組織を倒すことですが、ベルモットは組織に属しボスに近い位置にいると言われています。

 

そんな彼女とは作中で戦うこともありましたが、逆にコナンと蘭に命を救ってもらったことで恩を感じているようです。それ以降コナン達が命を狙われた際には助けてくれたり、黒の組織に情報が漏れないよう配慮してくれます。

 

ですので仲間である他のメンバーは一切の甘さがないのに対して、前述のようなことからどこか憎めないところがあります。当初引っ掛かったのがこの甘さで、命を助けられたからといってコナン達に手を貸す理由が見付かりませんでした。

 

ですが今考えると組織に深い恩があり裏切れないだけで、冷酷で非情な面はあれど本来は人情味のある優しい性格だとも考えられます。今後もコナン達と協力関係を結ぶのか完全に敵になるのか気になる人物です。

 

まとめ

 

華麗に謎解きに挑む場面も面白いですが、犯人逮捕に役立つ数々のアイテムや個性豊かな登場人物にも注目出来る作品です。最後に挙げたベルモットはファンからも注目されている人物で、コナン達を何故助けるのかどんな目的で動いているのか謎が謎を呼ぶ人物です。

 

その他にもコナンの父であり推理小説家である工藤優作や幼なじみの探偵等、毎回様々な人物が入れ替わり立ち替わり登場します。それぞれの考えから推理を行うので、違う視点から謎解きが行える楽しい内容となっています。

 

名探偵コナンは現在Huluにてまとめて配信されています↓
hulu

 

名探偵コナンを見るために管理人はHuluの2週間無料トライアルを始めて、そこからどっぷりハマりました。レンタルビデオのように返しに行く苦痛がなくなったのは本当に良かったです。名探偵コナンは840話以上ありますので、まとめて見てリアルタイムに追いついていきましょう。

 

※紹介している作品は、2019年1月11日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

Huluの公式ホームページはコチラ↓
hulu

 

またいい作品がありましたらシェアしていきたいと思います。

 

Sponsored Links