「dele(ディーリー)」が魅力的な作品と言われている理由は何か?面白い題材なので是非見てほしい作品です

Sponsored Links

「dele(ディーリー)」基本情報

 

「dele(ディーリー)」は、KADOKAWAと金城一さんによる企画で、本多孝好さんによる小説をドラマとのメディアミックスプロジェクトとしてスタートした作品です。

 

小説が執筆される前から、主演には山田孝之さんと菅田将暉さんの起用は決まっていたので、2人をモデルとして作品は完成しました。

 

この作品のあらすじは、何でも屋を営んでいる真柴祐太朗が、ある事から「dele.LIFE」に雇われる事から始まります。

 

「dele.LIFE」は、登録した人が亡くなった時に、パソコンやスマホなどに遺されたデジタル記録を抹消、つまりdele(削除)する会社でした。所長である阪上圭司と祐太朗は、あらゆる依頼を受けるというものです。

 

「dele(ディーリー)」の魅力

 

この作品の魅力は、デジタル遺品という、今までにない題材を取り上げたというのが、魅力的です。デジタル遺品という言葉自体がそもそも浸透していないというのもあり、注目を集めたのではないかと思います。

 

そして、依頼の目的も視聴者の心を捉えた理由だと思います。

 

例えば、第1話では自分がゴシップ記者だとは、息子には知られたくなかった男性だったり、第2話では依頼の取り消しの依頼があったりと、様々です。

 

今やパソコンやスマホには、様々な情報が入っています。人によっては、大切な人に残したいと願う人もいれば、誰にも見られたくないと願う人もいるのです。

 

そして、例え本人が消してしまいたいと思っても、その事を知った周囲の人間には、消してほしくないと願う人もいます。このドラマの魅力は、データという形のないものに対する人々の想いが、様々な形で表れている事です。

 

そして、デジタル遺品という言葉が、身近にあるという事を知る事になったのも、注目を集めた理由ではないかと思います。

 

「dele(ディーリー)」が人気の理由

 

なぜここまで「dele(ディーリー)」が人気を集めたのかというと、やはり主人公である真柴祐太朗と阪上圭司のコンビのキャラクターだと思います。

 

祐太朗は、一見するとフラフラして頼りなく見えますが、情報収集能力は高く、とても身軽な身体能力を持っていて、窮地に陥っていてもくぐり抜ける能力にも長けています。

 

そして、彼の魅力はその情の深さです。依頼人の真意を探り、依頼人が真に望んでいる願いを叶えようとする姿に、とても親近感を覚えます。

 

そして、「dele.LIFE」の所長である圭司もまた、魅力的な男性です。車イス生活を送る彼ですが、自分の身を守る能力には長け、格闘センスも高いです。

 

常に冷静に物事を分析し、ハッキングの技術は天才的で、その洞察力は並大抵ではありません。

 

今まで何事にもクールだった圭司ですが、祐太朗と関わる事で、次第に優しい感情を表現していく姿が見られました。一見すると、正反対の二人が、次第に理解しあっていく姿も、多くの人の共感を呼んだのだと思います。

 

「dele(ディーリー)」を見ての感想

 

デジタル遺品という物がここまで重要になってくるとは、正直思いませんでした。もちろん、普通に生活をしていると、さほど重要な物はないと思います。

 

ですが、残しておかなくてはいけない情報と、決して見られたくない情報がある事も確かです。そして、単なる仕事としてではない、依頼人を、そしてその周囲の人を気遣う祐太朗と圭司の優しさも素敵でした。

 

第1話で、祐太朗は給料で依頼人の子供に双眼鏡を購入して、父親からだと渡してあげます。それが、祐太朗が親子に出来る最善の方法だったのです。

 

そして、そんな祐太朗の為に、圭司もまた、優しさを見せるのです。人が人を気遣うという大切さを教えてくれるドラマだと思います。

 

そして、いつも笑顔の祐太朗が感情を露にした最終回は衝撃でした。圭司は問いかけます。何を消したいかを。祐太朗は真逆の事を言いました。残したい物を預けて欲しいと。

 

圭司の過去も驚きでした。1度は「dele.LIFE」を離れた祐太朗ですが 、いつもと同じように戻ってきた祐太朗に、そして圭司にホッとしました。

 

プロ意識の高さ

 

この作品には様々なプロ意識が見え隠れしています。中でも、山田孝之さんの車イスでのアクションは誰もが驚く完璧さでした。

 

このアクションの為に、山田孝之さんは長時間の練習をこなし、まるで車イスを手足のように扱うまでとなっています。そのプロ意識には脱帽です。

 

このドラマは、フィクションでありながら、その内容は重厚で、気が付くとその内容に引き込まれていきます。見終わった後、思わず誰もが自分のパソコンやスマホのデータについて考えさせられる作品です。

 

「dele(ディーリー)」は現在Huluにて配信中です↓
hulu

 

Huluなら2週間無料トライアルがありますので、この機会にまとめてみてください。

 

※紹介している作品は、2019年3月14日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

またいい作品がありましたらシェアしていきたいと思います。

 

Sponsored Links