【ネタバレ注意】「3年A組-今から皆さんは、人質です-」にみんながハマる理由は?今からまとめて見る方法は?

Sponsored Links

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」はどんなストーリー?

 

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は、2019年1月6日から日本テレビ系列で放送されているドラマです。ストーリーは、卒業式10日前、突然教師がクラスの生徒を監禁すると宣言した事から始まります。

 

教師の最後の授業は、「ある一人の生徒の死の真相」についての問いかけでした。クラスでは、数ヵ月前に一人の女子生徒が自殺をしていました。生徒達は、最後の授業により、過去と向き合う事になるのです。

 

このドラマは、原作は存在しないオリジナルドラマで、突然生徒を監禁する教師・柊一颯役に菅田将暉さん、そして自殺した女子生徒と仲が良かったヒロイン役に永野芽郁さんを迎え、周囲を、川栄李奈さんや今田美桜さんなどの若手から、椎名桔平さん、大友康平さんなどのベテランが固めているのです。

 

そして脚本家は、ドラマ「電車男」、「怪盗山猫」、「仮面ライダービルド」などのヒット作で知られる武藤将吾さんが担当しています。

 

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の魅力

 

この作品の魅力は、何といっても、次の瞬間に何が起きるか分からないというミステリー性です。美術教師の柊一颯は、なぜ生徒達を急に監禁したのか。

 

そして、なぜ自ら警察に通報し、SNS「MindVois」で課金を要求するのか、そもそも、柊一颯と自殺した女子生徒景山澪奈の関係は何なのか、クラスの生徒達は何を隠しているのか、そのミステリー性がこの作品の最大の魅力です。

 

次は一体、どんな事が起きるのか、その展開が読めない事に、ドラマを観ている人々は、自分達なりの様々な憶測を巡らせます。 まるで、自分達も推理をしているような感覚になれる事が、惹き付ける最大の理由です。

 

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」を見ての感想

 

まるで推理小説を読んでいるような、文学を読んでいるような、そんな感覚になるドラマだと思いました。いつもと変わらない平穏な日常が、突然、非日常に変わる様子が、とてもリアルに描かれている、まるでドキュメンタリーを見ているかのような感じでした。

 

そして、生徒を監禁した後、犯人である柊一颯は、次々と生徒達の封印した過去を開いていきます。柊一颯が知りたかったのは、数ヵ月前に自殺した景山澪奈の死の真相でした。

 

彼女は、なぜ自殺をしたのか、何があったのか、知っているのはクラスの中の誰かなのだと思います。そして、最初に過去と向き合った茅野さくらは、自分の過ちを認めます。あれだけ慕っていた景山澪奈を、茅野さくらは、救えなかったのです。

 

水泳大会で優勝した景山澪奈は、ドーピング疑惑に引っ掛かり、クラスではいじめが始まりました。茅野さくらは、自分もいじめの標的にはなりたくなくて、孤立していく景山澪奈を見捨ててしまったのです。

 

自分のせいだと、茅野さくらが自分の事を責めた時に、意外な事に、柊一颯が救ったのです。クラス全員が、いじめをしていた事を棚に上げ、見捨てた茅野さくらを追い詰めた時に、柊一颯が茅野さくらを助けたのです。そして、生徒達を冷淡な心を持った下劣な人間と評し、茅野さくらの答えは、正解ではないと、伝えたのでした。

 

柊一颯は、何を企んでいるのでしょうか? 彼が本当にしたい事は、生徒達の心を変えたい為ではないでしょうか? 謎が謎を呼ぶこのドラマから、目が離せません。

 

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は、文学的な魅力と、エンターテイメント性が合わさったドラマです。そして、 自殺という重たいテーマを扱いながら、学園ドラマとしての魅力も感じさせる、まさに新感覚のドラマだと思います。これから、どんどん生徒達は過去と向き合う事になり、真相へと近づいていくのだと思いますが、願わくば、誰もが納得の出来るラストになったら良いと思います。

 

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は現在Huluにて見逃し配信中です↓
日テレドラマ

 

見逃してしまった人でもまだ十分間に合いますので、見ていただきたいドラマです。Huluなら2週間無料トライアルがありますので、この機会に菅田将暉さんの他の作品もまとめて見てみてください。

 

※紹介している作品は、2019年1月25日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

Huluの公式ホームページはコチラ↓
日テレドラマ

 

またいい作品がありましたらシェアしていきたいと思います。

 

Sponsored Links