Huluの見逃し配信で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」を見た感想!遅れて視聴したけどこれは面白いドラマだった!

Sponsored Links

Huluの見逃し配信で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」を見た感想!見逃した人は見る価値あり

 

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」のあらすじ

 

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」 日本テレビ系列の、2018年10月新ドラマとして始まった作品です。

 

コミックが原作なのですが、ドラマではその設定がわずかに変わっています。今まで原作コミックを見た事がある人も、見た事がない人も楽しめる作品となっています。

 

物語は、タバコの煙だけを残して、証拠などは一切残さない大泥棒の煙鴉と新人刑事である斑目努がひょんな事からタッグを組み、泥棒を次々と捕まえるという、これまでになかった斬新な物語となっています。

 

新人刑事の斑目は、何事にもやる気を感じさせず、電車の中ではスリに合うという、刑事としてはあり得ない事です。そんな斑目は、なぜか窃盗事件を専門とする三課へと移動となってしまう。

 

バーでビールを飲みながら、斑目は隣にいた男に愚痴るように言うのでした。男は、斑目に呆れて去ろうとするのですが、斑目の一言に足を止めます。

 

斑目は異様に嗅覚が良くて、去ろうとする男の残り香で、彼がすぐに煙鴉だと気がつく。だが、勤務中ではないからと言って、逮捕しようともしない斑目に、煙鴉の方が戸惑いを見せるのでした。

 

斑目は、先輩の宝塚瑤子と張り込みをするが、大物空き巣キツツキのマサを逃してしまいます。失敗ばかりで落ち込む斑目の前に、まて煙鴉が現れるのでした。

 

そして、キツツキのマサを捕まえる手助けをしてくれるのです。なぜ協力してくれるのかと尋ねる斑目に、煙鴉は「お前が俺を見つけた」と意味深な言葉を告げるのでした。

 

様々な事件を、煙鴉の協力を得て捕まえていく斑目。そんなある時、煙鴉が殺人事件を起こしたのではないかと、先輩刑事の皇子山が告げるのです。信じられない斑目ですが、やがて煙鴉は、斑目の前に現れた時に銃口を向けるのでした。

 

そして、煙鴉が実は復讐の為に行動している事が明らかになりました。

 

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の魅力

 

このドラマの魅力は、なんといってもあまりにも登場人物が個性的と言う事です。

 

新人なのに、全くやる気を見せない斑目努や、タバコの煙だけを残して姿をくらます大泥棒の煙鴉。ですが、他にもかなり個性的なキャラクターが多くて、一人一人に、もっとスポットライトを当てて見てみたいと思いました。

 

捜査三課13係りの係長の鯨岡は、とにかくふんわりほんわりしていて、つかみどころがないのですが、逆にものすごい実力を隠している気がしますし、変装が得意と言う宝塚瑤子はギャンブル大好きという、刑事ドラマでは滅多に見れないキャラクターです。

 

そして、やっぱり気になるのが皇子山で。煙鴉を捕まえる為に、全てを注いでいるのですが、極度の足フェチという そのギャップがまた妙に笑ってしまいます。

 

これから、最終回に向けて、どのような 流れになるか分かりませんが、出来れば斑目と煙鴉が以前のようにバーで会話をしているような感じなら良いと思います。

 

このドラマの魅力は、斑目の成長物語りだと思うんですよね。一人の大泥棒と出会い、彼に気に入られて、難しいと思われていた事件を解決する事で、彼自身が本当に刑事として成長していけるように、煙鴉が、まるで導いているかのようだと思いました。

 

そして、きっと彼なりの正義感があるんだと思うんですよね。泥棒の身では、正義感を出しても誰も気がついてはくれませんが、斑目は刑事です。

 

煙鴉は、自分を見つけてくれた斑目なら、斑目自身が刑事としての自覚を持ってくれたなら、きっとこれ以上ない刑事になるのではないかと思ったのではないでしょうか。

 

そして、斑目もまた、煙鴉の存在が、刑事としての自分を成長させてくれるのだとわかっているのではないかと、思うんです。 刑事と 泥棒のタッグというのは、今までにない斬新な組み合わせで、とても面白いと思いました。

 

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」を見逃してしまった人はHuluで見逃し配信中です

 

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」をHulu2週間無料のお試しトライアルで見る↓
日テレドラマ

 

Huluは2週間無料のお試しトライアルがありますし、月額933円(税別)ですので、気になる作品があったら見てください。

 

※紹介している作品は、2018年12月7日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

Huluの公式ページはコチラ↓
日テレドラマ

またいい作品ありましたらシェアしていきたいと思います。

 

それではまた

 

Sponsored Links