ゴシップガールがSNSの先駆けか?一般人では味わうことが出来ない生活を覗き見できるのでオススメ!

Sponsored Links

ゴシップガールでNYセレブの生活にビックリ

 

ゴシップガールはNY・マンハッタンセン・トラルパークの高級住宅街アッパー・イースト・サイドに住む、超セレブなセリーナ、 ブレア、チャック、ネイトの4人と、NY・ブルックリン地区に住む、庶民派のダン。

 

この高校生5人を中心に繰り広げられる、ドラック有り、イジメにSEX有り、セレブらしいパーティ有りの、超ゴージャスな生活にビックリ!若い子向きだとあなどるなかれ…そんなドラマです。

 

第1シーズンから第6シーズンまでと、なかなかのロングセラー。高校生だった若者が大学生、社会人へと成長する姿はもちろん、一般庶民には想像も出来ない、セレブならではの悩みや壁、取り巻く環境もみどころです。

 

ゴシップガールがSNSの先駆けか?と思うくらい

 

このドラマは、今現在では普通?(思いたくないですが…)である SNSのサイト「ゴシップガール」でセレブたちのスキャンダル、噂、何でも好評されてしまい、誤解を招いたり、イジメに発展したりと、高校生の彼女たちだけでなく、大人までもが振り回されてしまうのです。

 

最近では悲しいことにネットいじめはよく耳にしますが、このドラマが始まった2007年頃は日本ではまだそんなに「SNSでいじめが…」とか聞きませんでしたよね。

 

ゴシップガールは高校生とは言っても恋愛もイジメも派手

 

彼女たちは恋愛関係がとても複雑で、パートナーがコロコロ変わるので、 ある意味「人類皆兄弟姉妹??」なんて感じです。 取った、取られた、好きだ、嫌いだと大騒ぎします。

 

そしてその駆け引きがこれまたセレブならではです。相手を陥れるやり方と言ったら、一般庶民では考えもしないようなやり方なんです。

 

自分の立場を利用し、大人のビジネスをも巻き込み、とことんやり込めるんです。

 

ゴシップガールの大人たちもまあ、あるは、あるは

 

彼女たちを見守るはずである保護者をはじめとする大人たち。この大人たちも、スキャンダラスな事がたくさんあります。この親にしてこの子あり??みたいな感じです。

 

親たちも離婚したり、結婚したりもありますし、父親がゲイになってしまったり、過去の恋愛関係、ビジネスでの汚職・権力争いなどなど、 「まともな大人はいないのか?」って思っちゃいます。

 

あっ!一人いました。 途中から出演のブレアの母親の再婚相手のサイラスです。彼は一番まともな大人でしたね。

 

母親として最悪だったブレア母のエレノアも、 イジメの主犯格ともいえるブレアも 彼との出会いによって、人を思いやる優しさなどに気づき、丸くなっていくのです。

 

ファッションもさすがゴシップガール

 

セリーナは背も高く、スタイル抜群です。足も長くてきれいな彼女は何を着ても素敵。

 

パーティードレスなんてゴージャスのオンパレードです。ミニ良し、ロング良し、パンツ良し、水着だってどんとこい。何を着てもゴージャスに見える彼女は最強です。

 

ブレアは少し小柄なタイプです。オードリーヘップバーンが大好きなブレアのファッションは、可愛らしいワンピースとカチューシャが彼女のスタイルでしょうか。

 

でも、時には黒の革ジャンを身にまとい小悪魔的なスタイルもまた魅力。ブレアの開くパジャマパーティーは ネイリストやエスティシャンを雇い、誘ってもらえたらケアを存分楽しめるなんてゴージャスなパーティーなんです。

 

ブレアの目に留まることが取り巻きの子たちのステータス。 彼女に気に入られようとあの手、この手で必死です。

 

ゴシップガールの感想

 

最後に私の感想です。 はじめ見たときは、「なんて生意気な子供たち」と思いましたが、 回を重ねるこどに、彼女や彼らの生まれながらのセレブという立場の大変さも見え 少し気の毒にも感じました。

 

しかしながら、住まいはペントハウスだったり、ホテルのスイートルームだったり、運転手付きのリムジンで送迎が当たり前だったり、一般人では味わうことのできない生活に少し憧れたりもします。

 

セレブ高校生たちが、ただただ親のすねをかじりながら、何の苦労もなく学生生活を送っていたのが、進路を考え、将来の職業を考えしながら成長していく姿が、どこか応援したくなる作品でした。

 

ゴシップガールは現在Huluにて配信中です↓
海外ドラマバナー

 

セレブ生活に憧れる人には是非見てほしい作品です。

 

※紹介している作品は、2019年2月20日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

またいい作品がありましたらシェアしていきたいと思います。

 

Sponsored Links