おしゃれな副業をしたいならカフェの店員がおススメ!個人店と大手チェーン店との違いは?

Sponsored Links

coffee-983955_640 (2)

カフェの店員の副業

 

 

1、カフェの店員の副業の仕事内容

 

 

カフェの店員は、接客するホールのスタッフです。

 

 

仕事内容は、客が入店したらいらっしゃいませと声かけし、テーブル席へ案内し、おしぼりやお水やメニューを手渡し、注文を聞きつけ、厨房スタッフへ伝えて、注文された商品をテーブル席までは運び、客が出る際には、レジで精算を行い、テーブル席に食べ終わった食器を片付けて、テーブルを綺麗にするのが主な仕事です。

 

 

その他にも、トイレ掃除や、パフェを作ったり、コーヒーを入れたりなどドリンクやデザートの料理をする事もあります。

 

 

そしてお水のお代わりを頼まれる客へお水をつぎ足したりなどの、こまごました仕事がたくさんあります。

 

 

現代のカフェは、喫茶店以外にも、ベーカリーショップのカフェなど、おしゃれなお店が多いです。

 

 

大手コーヒーチェーン店のお店も素敵なお店が多いです。チェーン店は当然ですが、おしゃれなお店ほど、店舗の制服があるようです。

 

 

個人経営の小さなカフェは制服が無いところもあります。

 

 

そしてサンマルクカフェやドトールなど有名な大手コーヒーチェーン店では、仕事内容が異なり、料理やドリンクも手渡しで精算もレジ付近で行い、あとはお客さんが自らテーブルを見つけ、料理やを運び、食べた料理や食器を片付けるような、セルフサービス的なカフェも増えているようです。

 

 

このようなカフェの場合には、厨房の仕事と販売とが一緒になった仕事内容になり、注文を受けて目の前でサンドイッチやドリンクなどの料理をして出来上がると目の前で待っている客に渡してレジをするという仕事になります。

 

 

だからカフェ店員がじっと動かずその場にいて料理し、客が動く形のシステムになっているのでしょう。

Sponsored Links

2、カフェの店員の副業のなり方と仕事の難しいところ

 

 

カフェの店員は、大手チェーン店のカフェなら、求人広告サイトが出ています。

 

 

雑誌になったもので無料でも、有料でも求人応募の雑誌にも出ていますし、ハローワークに出ている時もあります。

 

 

小さな喫茶店では、お店の中に張り紙が貼っていて求人募集をしている店もあるようです。

 

 

カフェの店員は、職歴はあまり問われませんが、経験がある方が採用率はアップするでしょう。

 

 

しかし仕事内容が割合に単純な作業も多いので、簡単になれる職種でもあるようです。

 

 

個人経営の小さなカフェでは、多少の間違いや、失敗は笑って許せるのですが、大手チェーン店のカフェは全国共通で、同じ味で、同じやり方となるので、間違いや失敗は、笑っていられない事態になりますので、簡単な作業と思われがちですが、全国チェーン店では規律を守れないなら、お仕事としては成り立たないので難しいところであると思います

 

 

3、カフェの店員の副業で稼げる金額と仕事の将来性

 

 

カフェの店員を副業で行うなら、固定の月払いでは無く、時間給での給与になりますが、給料は店によって異なりますが、850~1100円くらいが平均だと思います。

 

 

仕事の将来性は、そのカフェに合わない年代になってきたのなら、未来永劫には働けませんが、店長や、チーフなどの役職を授けられる場合もありますので、期待はあります。

Sponsored Links