事務アシスタントの副業はどんな仕事内容なのか?給料面や将来性はどうか?

Sponsored Links

00_pp27_pp_tp_v

事務アシスタントの副業

 

 

1、事務アシスタントの副業の仕事内容

 

 

事務アシスタントの副業は、短発で短期間で仕事ができるもので、簡単な単純作業が多い仕事です。

 

 

それはアシスタントなので、助手的な役割の仕事だから、言われた事を行うだけの単純なチェック作業が多いからです。

 

 

事務アシスタントの副業は、多くは役所なら、選挙の開票や、確定申告のチェックや、書類の仕分け作業などがあります。

 

 

この項目にきちんとしるしが入っているかどうかのチェックや、書類に記名捺印があるかどうか、枚数を数える作業、書類を出すのに枚数があるかどうかのチェックなど、単純ですが、スピーディで丁寧なチェックが、正確にきちんと間違わずにできるかどうかを問われる仕事でもあるでしょう。

Sponsored Links

2、事務アシスタントの副業のなり方

 

 

事務アシスタントの副業は官公庁からの募集が多いですが、それ以外には夜中まで仕事をしているようなデザイン事務所や設計事務所なども募集しているようです。

 

 

官公庁は、直接募集というのは少なく、たいていは派遣会社へ丸投げして、派遣会社から派遣されて仕事を行う場合が多いようです。

 

 

官公庁はいつまでに提出とか、いつまで締め切りなどの期間が厳しいものなので、人集めにぱっと対応できる派遣会社と契約をしているのでしょう。

 

 

応募は官公庁と契約をしている派遣会社へ登録をしておくと、仕事を紹介して貰えればこの事務アシスタントの副業ができると思います。

 

 

しかし官公庁の仕事は期間限定がほとんどなので、その期間にすべて休まずに、対応できるかどうかが問題があるでしょう。

 

 

設計事務者やデザイン事務所は小規模の会社なら、書類をそろえたりするようなアシスタントの募集をするのは、単発や期間限定ではなくて継続的にアルバイトという形で無料の求人雑誌やハローワークなどで募集している場合があるでしょう。

 

 

3、事務アシスタントの副業で稼げる金額と仕事の将来性

 

 

事務アシスタントの副業では、官公庁の仕事なら朝の9時から17時などの定時である場合が多く、時間給は派遣からもらえる金額は900円ほどになるでしょう。

 

 

派遣会社は交通費が出ないところがほとんどなので、自転車か徒歩で通えるところでないと、交通費は実費なので稼げる金額は低くなります。

 

 

設計事務所やデザイン事務所の事務アシスタントの副業も、時給は低いところが多く850円くらいでしょう。

 

 

しかし夜遅くまで徹夜でも仕事がある企業ならば、時間が長く働けるので、稼げる金額は多くなることもあるでしょう。

 

 

ただ、忙しいのに雑用ばかりしているので、仕事の将来性として、夢が持てず長続きはしない場合がほとんどであるようです。

Sponsored Links