何歳になっても出来る可能性がある副業とは?声の仕事であるコールセンターの副業で稼ぎましょう

Sponsored Links

real-1816350_640-2

コールセンターの副業

 

 

1、コールセンターの仕事内容

 

 

コールセンターというのは、色々な企業が電話の問い合わせがあると、それに受け答えする内容の電話応対の仕事になります。

 

 

この仕事はコールセンター専門に専属で仕事を従事するタイプと、副業でも可能なタイプとがあります。

 

 

その副業の方は、派遣などから依頼されるもので、短期間のコールセンター業務や、その時だけシーズンだけの単発のコールセンターの仕事があります。

 

 

仕事は色々ありますが、例えばどこかで大規模なイベントが開催され、その内容の問い合わせが殺到する時期だけ問い合わせに対応する単発ものなどが多いでしょう。

 

 

本来ならばイベント主催の管理するものが問い合わせ応対をするものですが、それが大量に電話がかかって来るだろうと予測される場合にコールセンターを別に作って対応するので、そのようなコールセンターが副業としてまれに募集されているのです。

 

 

問い合わせの内容はマニュアルがあるのでその通りに答えて行き、解らない質問ならば、責任者が従事しているので、電話を代わって対応してくれるでしょう。

Sponsored Links

2、コールセンターのなり方と仕事の難しい部分

 

 

コールセンターを副業として募集するのは、依頼する企業が直接募集することは、ほとんどありません。

 

 

それらは全て派遣会社を通して募集されるでしょう。

 

 

なので、もしも求人でコールセンターの副業と書いてあったとしても、契約するのは派遣先とのものになり、給料も派遣からの支払いになるのです。

 

 

だからコールセンターの単発業務が多く募集されている派遣会社へ、あらかじめ登録だけでもしておくと、応募が簡単に出来ます。

 

 

仕事は、派遣先の企業へ出向いて仕事をこなすために、変な対応や、おかしな服装や、ヘマやドジは極力出来ません。

 

 

それはアルバイトと違って、派遣会社の顔として、出向いて仕事をするという心構えで仕事に行かないといけないからです。

 

 

副業だから、短期間だからと言って、怠けたり、甘える事が出来ないのが難しい部分でしょう。

 

 

3、コールセンターで稼げる金額と仕事の将来性

 

 

コールセンターの副業は、派遣会社からの給料となることが多いので、その場合には、派遣会社の取り分を差し引いた金額を受け取る事が出来ます。

 

 

依頼している企業が1200円派遣先に払ったとしても、我々に入る金額は差し引いた後の金額で企業に寄って違いますが1000円とか900円とか、、非常に少ない給料となるでしょう。

 

 

そして仕事の将来性は、単発な副業であるために、定期的に仕事を行う事が出来ません。

 

 

依頼があって初めて仕事が出来るものであるため継続性はないのです。

 

 

だからその場限りの副業でもあるでしょう。

 

 

しかし派遣会社で認められたら、何か仕事が入る度に声をかけてくれるチャンスもあるでしょう。

 

 

コールセンターは電話応対で顔が相手に見えないので、何歳になっても出来る可能性がある幅広い年齢層が行える仕事でもあるでしょう。

Sponsored Links