副業で少しでも多く稼ぎたいなら夜間電話応対の仕事はどう?仕事内容はどんな感じ?解説します

Sponsored Links

call-center-1027585_640 (2)

夜間電話応対の副業

 

 

1、夜間電話応対の仕事内容

 

 

今、時代はネットや電話などの通信機能が発達し、とても便利になっています。

 

 

ひと昔前なら、企業へ電話をして聞きたい事があるが、自分自身が仕事の時間があり電話が出来ないなど不都合がありました。

 

 

そして土日は休みの企業が多く、緊急の事柄以外は、夜中や土日は問い合わせが出来ないという企業が殆どでしたが、今は、24時間問い合わせが出来る企業が増え、土日も電話出来て、年中いつでも365日体制の電話応対を行っている企業が増えているのです。

 

 

それで副業として、仕事を終えてから、電話応対の仕事に行く人も増えているようです。

 

 

企業は様々ですが、大阪ガスや、大手都市銀行、インターネット、携帯電話など、通信系の企業や公共系の企業が24時間体制を整えているようです。

 

 

この仕事は、仕事に就く前に、研修などがあり、電話を受けるまえに、あらかじめ専門的な知識を丸覚えして、万全の体制を整えて、電話に出る形です。

 

 

もしも教えて貰った知識以外の問い合わせなら、パソコンで検索しながら答えるような形になり、どのような内容の問い合わせにも、きちんと受け答え出来るような体制を整えているのです。

 

 

夜間の電話応対の場合は、夜中に電話を掛ける人が少ないので、めったに電話が鳴らないですし数少ない電話なので、ゆったり落ち着いて話す事が多いようで、より長く、詳しく理解して貰えるような会話が必要となるでしょう。

Sponsored Links

2、夜間電話応対のなり方と仕事の難しい部分

 

 

夜間電話応対のなり方は、企業が個別で応募している場合では、求人広告などで求人を募集掲載しているでしょう。

 

 

そこで応募し、副業として勤務する時間が可能かどうかがとても重要視されるでしょう。

 

 

そして個別で応募以外には、派遣会社が請け負って、募集している場合が多くあります。

 

 

その場合も求人広告に募集掲載されたり、派遣会社へ登録していれば、このような仕事があれば紹介してくれる事でしょう。

 

 

夜間電話応対の仕事は、全くお客様に顔や姿、形が見えないので、身なりは問われないようですが、電話で丁寧語がスラスラ話せる人かどうかが重要視されます。

 

 

電話応対で相手に顔が見えないといえども、電話の受け応えの対応が企業の顔となるのです。

 

 

それで顔が見えないからこそ、どのような相手でもきちんと丁寧に対応できるかが仕事内容では、一番難しい部分っとなって来るでしょう。

 

 

3、夜間電話応対で稼げる金額と仕事の時間

 

 

夜間電話応対の副業で稼げる金額と言うのは、昼間の電話応対よりも、幾分か割高の時給を貰えます。

 

 

それは、夜遅い勤務だからです。夜勤手当というものが多くつく企業があるように、夜が遅いというのは、昼間よりも色々なリスクもあります。

 

 

それで時間給では高い金額を貰えるでしょう。

 

 

仕事は短時間勤務もありますが、長時間勤務の場合には終電を過ぎると帰宅できなくなるので、朝まで仕事と言うのが殆どでしょう。

 

 

これは副業としては長時間勤務するのなら、昼間の仕事を短時間にしないと、眠る時間が無くなるので調整が必要となるでしょう。

Sponsored Links