好きなブランドがあるのなら一日中好きなブランドに囲まれて仕事が出来るブランドショップの店員がおススメ!どうすれば働けるの?解説します

Sponsored Links

glasses-1333433_640 (2)

ブランドショップの店員の副業

 

 

1、ブランドショップの店員の副業の仕事内容

 

 

ブランドショップは、雑貨や、アクセサリーや、アパレルの服飾など、さまざまな業界がありますが、ブランドショップの店員の仕事はどの仕事も、お客さんに販売をする接客業となります。

 

 

ブランドショップの店員さんは、営業業務ではないので、商品説明やアドバイスと、商品販売の接客業務のみになります。

 

 

それはブランドの誇りがあるので、気に入ったら買って下さいと言った感じで商品の説明やアドバイスをするだけで良いのです。

 

 

それでこの洋服が似合うかどうか、サイズがあるか、色が合うかなどの陳列している商品を見て話をするのが主なトークの内容です。

 

 

そしてブランドが良いものだと思えるように、店内のディスプレイを見栄え良く飾ったりする、芸術的な作業も必要です。

 

 

お客さんが洋服を広げてみて、くしゃくしゃに置いて帰った洋服を綺麗にたたんで次のお客さんが見やすいようにする作業もあります。

 

 

そしてその、ブランドショップの洋服を着たりして、自らがマネキンになって商品を見せながら接客する場合もあります。

 

 

副業も正社員も殆ど仕事内容は同じで、ブランドに合った服装や会話などをしてブランドをより良く見せるのが仕事の1つでもあるのです。

Sponsored Links

2、ブランドショップの店員の副業のなり方と仕事の難しい部分

 

 

ブランドショップの店員を副業でしたいからと言って、ブランドショップのお店に直接出向いていきなり応募したいっと言っても無理なことです。

 

 

募集を行っているかどうかは、ハローワークや、求人雑誌や求人広告などの掲載を閲覧することで応募の申し込みが出来るでしょう。

 

 

ブランドだけあって、あまりにブランドとのイメージと大きくかけ離れている人なら、採用は無理でしょうが、ブランドに合った服装やメイクなどの身なりを整えて装えば、面接の時に、ブランドに合っていると採用される場合もあると言います。

 

 

ブランドにそぐわない人は店員として勤務していると、ブランド商品で埋め尽くされているお店なので、合わないときっと浮いてしまうのだと思います。

 

 

しかし、逆にアパレル装飾の洋服店のブランドショップで、真夏だから、イメージに合うようにキャミソール系の肩をあらわに出したワンピースを着て接客するように言われたりしたときに、洋服が恥ずかしくて着たくない場合には、仕事として難しい部分が出て来るでしょう。

 

 

3、ブランドショップの店員の副業で稼げる金額と仕事の将来性

 

 

ブランドショップの店員の副業は、扱う商品や、ブランドのランクによっても違いはありますが、平均で時給1000円前後でしょう。

 

 

ブランドショップなので、副業であっても、割引でそのブランド商品を購入出来たりお得な部分もあります。

 

 

そして仕事の将来性は、副業であっても、ブランドのイメージを守って仕事をこなし、長時間、長期間働くと、任され店長に昇格したりする場合もあるようです。

Sponsored Links