家に居ながらでも出来る手作業内職とはどんな副業か?仕事内容は?稼げる金額はどのぐらい?

Sponsored Links

kenta039_madaaketenai_tp_v

家に居ながらできる手作業内職の副業

 

 

1、手作業内職の仕事内容

 

 

家に居ながら出来る副業として、昔からあるタイプの手作業の内職は、今でも存在します。

 

 

その種類というのは、ミシンで縫い物をしたり、手縫いで刺繍をしたり、造花を作ったり、折り紙を折って形作ったり、部品を組み立てたり、アクササリーを作ったり、パーツを袋詰したり、包装作業など様々あります。

 

 

これらは割合に、細かい作業が多くありますが、誰にでも出来る簡単なものが多いです。

 

 

この中で、アクセサリーの備品取り付けなどの内職を行う場合の仕事内容は、チャームなどと言う装飾品に、ワッカを取り付けたり、ストラップの紐を取り付けたりなどの、とても精密な手作業となります。

 

 

物自体がとても小さいので手先の器用な人なら上手に出来ますが、指の太い人なら、数をこなすのが大変な場合もあるでしょう。

Sponsored Links

2、手作業内職のなり方と仕事の難しい部分

 

 

アクセサリーの備品取り付けなどの手作業内職は、装飾品を取りつけて販売している企業などで、内職を募集している場合が多いです。

 

 

その募集は、家の郵便ポストに内職募集と書いたチラシが入っていたり、新聞や雑誌やインターネットなどにも掲載されています。

 

 

この装飾品の会社との契約は、内職と言う契約ですが、契約書を見るとあくまで外注扱いのような文面が書かれています。

 

 

交通費は出ないですし、キチンと商品を作れたものに対して払うものなので、もしも失敗して出来上がった商品があったなら、やり直しをするか、その商品のお金は支払わないと言う形です。

 

 

だからあくまで内職を行ってキチンと出来た分のみ支払いを行うというのが契約上の決まりです。

 

 

家に居て出来るものなので、家でじーっと待っていたら、内職の商品を持って来てくれて、出来上がったら取りに来て持って帰って貰える場合もあります。

 

 

それならば外に出向かずにとても楽な様に思います。しかし受け渡しが配送手間賃を差し引いたりする企業もあるようなので注意が必要です。

 

 

比較的商品が小さい場合には、特に自分で自ら企業に出向いて商品の受け渡しをしないといけない場合もあります。

 

 

その場合には交通費などは貰えない場合がありますので、大きな商品を受け取りに出向く場合に車を利用してもガソリン代も出ない事が多いでしょう。

 

 

3、手作業内職で稼げる金額と仕事の将来性

 

 

アクセサリーの備品取り付けなどの手作業内職の稼げるものは、他の内職と同様に、数が大量なのに対して単価が低すぎて、時間が掛かった割には収入は少ないと言うのが現状です。

 

 

1日5時間くらい内職を行っても4~5日くらい掛かって、1000個分を仕上げたとしても、その貰える金額は1000円くらいです。

 

 

しかし精密度や、手間が掛かるものなどは、1つの商品に対して、金額が高い場合がありますので、商品によって違いがあるので注意が必要でしょう。

 

 

このような家で出来る手作業内職は、楽しく趣味的な感じで、仕事を行うならば、とても充実した副業であると思います。

 

 

収入は少ないが、家で行えて、時間が空いた時に楽しめる手作業であると考えるのなら、すごく良い副業だとお薦めします。

Sponsored Links