本業と掛け持ちしやすい飲食店給仕員の仕事とはどんな仕事なのか?いくら稼げるのか?

Sponsored Links

PASONA160306550I9A2233_TP_V

飲食店給仕の副業

 

 

1、飲食店給仕の仕事内容と仕事の難しい部分

 

 

副業として、気軽になりやすいのは飲食店の給仕員の仕事であると思います。

 

 

その根拠というのは、特別な技術は不要で、会話もハイ、かしこまりました、ありがとうございましたなどの単語の返答だけで良くて、制服も貸与される場合が多いので、お店のマニュアル通りで、お客さんの言われた事をてきぱきとこなし、愛想良くしているだけで良いからです。

 

 

飲食店の給仕は注文は何かと御用聞きに行ったり、出来上がった食事を運んだり、水やコーヒーのお代わりをつぎ足しに行ったり、テーブルの後片付けをしたり、料金の支払い清算等をする行為です。

 

 

だから他の本業を持っていて副業として、行うには余り難しい事柄を考えなくても良いので、副業としてはとても気軽に出来るものだと思います。

 

 

しかし仕事の難しい部分というのもあります。

 

 

飲食店の1日のサイクルというは、この時間帯は何人給仕の人が入るかという人員確保の数を重視されているので、シフト制となり、決まったシフトを急に休みたいっと願うと人員不足で困った事態に陥ります。

 

 

だからシフトを組むと、気軽に休むことが出来ないのが難しい部分だと思われます。

Sponsored Links

2、飲食店給仕のなり方

 

 

飲食店給仕は料理店や、喫茶店や、ラウンジや、旅館など、さまざまな食べ物を扱う店で応募をされますが、殆どは、ハローワークや、無料の求人雑誌などに掲載されて応募がされています。

 

 

企業直接の応募となるので、面接を行い採用されたら働くことが出来るような流れでしょう。

 

 

たまには、飲食店の店に求人募集のチラシが貼られている場合がありますが、それは個人経営の飲食店であり、その場の面接交渉ですぐに働けるお店もあるでしょう。

 

 

しかし大手のチェーン店の飲食店の場合には、このエリアのこの店で働きたいと思って直接店に応募は無いか聞いてみても、本社の採用が通らないと働けないので、大手のチェーン店の場合に本社の承認が必要になってくるでしょう。

 

 

3、飲食店給仕で稼げる金額と仕事の将来性と仕事の難しい部分

 

 

飲食店給仕で稼げる金額は、時間給が850円や900円と割合に低い設定が多いでしょう。

 

 

しかし夜間の勤務の場合にはプラス100円などの夜間手当てがつく場合がありますし、お正月など年末年始や繁忙期の時には時間給にプラスアルファされた手当がつくでしょう。

 

 

仕事の将来性は、飲食店のキッチン業務ではないので、専門的なものでは無いため、店の雰囲気に合わない年齢になって来ると、居づらくなってくるかもしれません。

 

 

年齢のせいで店の雰囲気が合わないのなら、自分の雰囲気が合う飲食店を探せば、また勤務する事が出来るでしょう。

 

 

和食屋さんや、着物を着た飲食店や、旅館などの給仕も年齢層が高い人が多く働いています。

 

 

だから場所さえ変えればいつまでも気軽に働くことが出来る副業であると思います。

Sponsored Links