ある仕組みを使って狙っている不動産競売物件を安く取得する方法!

Sponsored Links

ある仕組みを使って狙っている不動産競売物件を安く取得する方法!

 

一棟のアパートやマンションの入札を狙っている人は資金に余裕がある人が多いので油断ならないですが、利回りで計算しますので割りに合わない金額では入札してきませんので市場価格より格安で取得できそうな場合は入札してきますので注意が必要になります。

 

また現在賃貸で借りている人が、自分の借りている部屋が競売にかけられたのを機に所有しようということで不動産競売に参加して今現在自分の住んでいるお部屋を入札してくることがあります。

 

今現在住んでいる賃貸人ですので第3者占有問題がありませんし、落札する人によっては立ち退きを迫られる危険性がありますので入札で突っ込んだ価格で来ることがありますのでライバルとして注意が必要です。

 

ライバルを意識するあまりに入札価格を上げすぎて競売不動産物件を取得したメリットがなくなってしまったら意味がありませんので入札価格の決定には慎重に考えて決定しましょう。

 

基本的には市場価格より7割からいい物件で8割ぐらい安く取得できたらいいかと思います。

Sponsored Links


不動産競売物件を入札する際の丸秘裏技を伝えさせていただきます

 

不動産競売物件を購入するメリットは市場価格より安く買えるということが最大のメリットですのであまりにほしい競売不動産物件だからといってあまりに価格を上げて突っ込みすぎると市場価格とそんなに変わらない価格になってしまい、それほどうまみがなくなってしましますので注意が必要です。

 

人気物件で入札数がたくさん入る物件というのは、人気のあるエリア(環境がいいや人気の学区など)で複雑な権利関係もなく、第3者占有もなく、落札後の立ち退き交渉などのリスクが少ない物件です。

 

このような物件は入札数が跳ね上がる傾向がありますのでそうすると必然的に価格のほうも上がってしまいます。

 

どうしてもその物件を落札したいなら多少突っ込んで落としてもいいかと思いますが、どうせ不動産競売をするなら安く物件を取得したいものです。

 

物件を安く取得するには、人気のありそうな物件をはずして入札する方法がよいかと思います。

 

特に投資用で買われる場合は、借地権など所有権以外の権利でも人気エリアにあり、間取りもよければ賃貸で高い値段で貸すことができますのでこの方法はかなりオススメです。

 

売買するとなると借地権は安い値段になってしまうことが多いのですが、賃貸でしたら借りるほうも永住するわけではありませんので借地権などは気にせずにグレードの高い分譲マンションでしたら大喜びです。

 

賃貸で貸すことを考えながら入札を検討すると視野が広がりますので一度検討してみるといいかと思います。

 

また最近は競売不動産物件がたくさん増えておりますので人気物件でも出てくる物件数が多くて入札が分散する傾向がありますので競売不動産物件の取得を検討するにはいい時期かと思います。

 

狙っている物件や人気物件が一度にたくさんでますと、人気のなさそうな物件は当然入札が入りませんので最低価格で落札できますし、人気ありそうな物件でも高い保証金を物件入札するためには必要になりますのでそんなにたくさん入札する体力がなければ当然1物件に絞って入札してきますので分散します。

 

この仕組みを狙って是非ほしい物件を狙ってピンポイント入札で物件を手に入れましょう。

Sponsored Links