ライバルよりも早く不動産競売情報を手に入れる方法とは?どうすればいいのか?こっそり教えます

Sponsored Links

ライバルよりも早く不動産競売情報を手に入れる方法とは?どうすればいいのか?

 

不動産競売にとって情報は命です。

 

より早く競売不動産物件の情報を取得できるかによって検討する期間も長くなりますし、現地調査もいけますので有利に競売を進めることが出来る可能性があります。

 

住宅ローンが滞って不動産競売になることが多いので債権者である銀行などの金融機関は競売不動産の情報を持っていることが多いのですが、簡単には競売情報は教えてくれません。

 

もしあなたがその金融機関が解約されては困るぐらいのお金を預けているとか取引をしているということでしたら担当者が教えてくれるかもしれませんので一度話してみるだけ話してみましょう。

 

銀行などは債権者ですのでたくさん情報を持っていることが多いのですが、なかなか表に情報は出しませんので何か特別な関係である必要があるかもしれません。

 

また世の中には競売になる前の物件をその所有者に直接交渉に行き、競売になる前に債権者の同意を得て任意で売却するという任意売却というものがあり、それを専門にしている不動産業者がおります。

Sponsored Links


任意売却物件とはどんな制度なのか?

 

競売にかかったら市場価格相場の約7割で強制的に売却されてしまうのに対して債権者の同意を得て売却することにより、市場価格相場の約8割前後で任意で売却できるシステムです。

 

任意売却ですと競売より高く売れることが多いので債権者も助かりますし、現所有者も競売に出ると近所にばれてしまうのですが、それを防ぐことができたり、競売より高く売れるので残りの借金も少なくなりかなりお得なシステムです。

 

競売で物件を取得するより煩わしくなく市場価格より安く不動産物件が手に入るので現在任意売却物件も人気があります。

 

任意売却の情報は普通の仲介不動産会社に行ってもなかなか出てきません。

 

任意売却専門でやっている会社に問い合わせるのが早いでしょう。

 

任意売却専門の不動産会社を見つける方法とは?

 

探す方法は・・・

 

インターネットで任意売却と打ち込めばたくさんでてきますので後は自分の住んでいるエリアの業者さんにお願いしてみましょう。

 

任意売却専門業者は任意売却を専門にやっているだけあって情報をたくさん持っていますがお得意さんも確実に持っていますので根気よく問い合わせてみましょう。

Sponsored Links