不動産競売においての人気物件とはどんな物件なのか?解説します

Sponsored Links

不動産競売においての人気物件とはどんな物件なのか?

 

不動産競売で人気が高いものは、第3者の占有のない不動産と既存の建物が何もない更地が人気があります。

 

どちらも落札してから一般の人でももめることなく物件に入居できたり、更地でしたらそのまま自由設計で夢のマイホームを建てることができるからです。

 

日本の土地には価格がついておりその価格が担保になるので、土地を取得するということは日本人にとって下がらない資産を手にするようなものですので更地は非常に人気があります。

 

不動産競売物件において気を付けたいポイントとは?

 

ただ気をつけたいのは物件明細書に現況更地ではなく、現況目的外建物有や現況駐車場などと書いてあるものは要注意です。

 

一度現地に行って確認することをオススメします。

 

実際確認せず入札し、落札後に見に行って大きなコンクリートの建物や機械式のコインパーキングがあって撤去費用に莫大なお金がかかったなんていう話もありました。

 

この点からも現地調査の重要性を感じますし物件明細書に頼りすぎてはいけませんので、時間があるのでしたら必ず現地調査・現地確認を怠らずにしましょう。

Sponsored Links


不動産競売において有利になるポイントは何か?

 

不動産競売物件を入札する時に有利になるのが、その土地を知っているかどうかの土地勘がかなり最初は重要になりますのでまず最初に入札を検討するのでしたら自分のよく知っている土地の競売物件を検討しましょう。

 

その土地勘を知っているだけでこの競売不動産物件は人気が出そうか出ないかわかりますし、もう少し金額を上げないと落札できないのか人気がないエリアなので少し抑え目にいくのかなど検討の幅がでてきます。

 

競売不動産物件を検討するにあたりまして、自分の中で普通の不動産を買う作業と同じように希望条件を書き出してみるということも大事な作業になります。

 

例えば前述しましたが・・・

 

エリアはどのあたりで検討するのか?

 

予算はいくらまでだせるのか?

 

土地を探すのか?

 

分譲マンションを探すのか?

 

戸建を探すのか?

 

間取りはどのぐらい必要か?

 

築年数は何年ぐらいの物件を探すのか?

 

などなど普通に家を買うときの希望条件を出していき、そこに優先順位をつけて家を探す動きは競売不動産物件も世の中に流通している仲介物件もさほど変わりませんので、まずは自分の希望条件をゆずれない順番に書き出してみましょう。

Sponsored Links