女子旅【金沢旅行】美味しいもの・まち歩き・散歩・伝統工芸体験などいろいろ紹介

Sponsored Links

c17a9e0e8f6bb971a98490fa385a7791_s

金沢旅行に女友達3人で行ってきた!感想は?

 

 

前々から、学生時代からの付き合いの女友達3人でどこか旅行へ行きたいとお話していました。今回は、金沢を選びました。

 

 

金沢を選んだ理由ですが、随分昔のファッション雑誌の付録に金沢旅行のミニガイドブックがついてきて、それがとても楽しそうに思えた記憶があって、私の方から提案しました。

 

 

金沢市の情報

 

 

金沢市は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地です。1996年4月1日、中核市に指定されました。人口は2015年の調べでは、およそ466,000人となっています。

 

 

金沢は、加賀百万石の武家文化を伝承する歴史のまちです。

 

 

江戸時代、百万石の石高を誇った加賀藩は学者や名工らを招き、学問や美術、茶道などの進行に力を入れたそうです。

 

 

結果、あらゆる文化を取り入れた加賀文化が確立し、金沢は伝統工芸が点在する芸術の街へなったようです。

 

 

金沢の伝統工芸には、加賀友禅、金沢九谷、金沢仏壇、金沢箔、金沢漆器、加賀友禅などがあります。

 

 

2015年3月14日に、北陸新幹線の東京ー富山・金沢が開業しました。

 

 

京都が伝統文化を対外的な売り物としている観光都市であるのに対し、金沢はそれらを生活の中で消費する文化都市であるとも一時は言われていました。

 

 

北陸新幹線の開通を受け、国際観光都市を目指した街づくりが推進されています。

 

 

金沢旅行で驚いたこと

 

 

①JR金沢駅東口広場の鼓門

 

 

大きさとスケールに圧倒されました。とてもテンションが上がり、記念撮影をたくさんしました。

 

 

②百万石まつりの盛大さ

 

 

特に、百万石まつりに合わせて旅行の日程を組んだわけではありませんでした。

 

 

ですが、百万石まつりのパレードや灯籠流しを観ることができたのは大変良い思い出になりました。地元でこのような大きなお祭りはないので、迫力に驚きました。

 

 

ただし、お祭りのために交通機関がイレギュラーなものになってしまうのは、観光客にとってはちょっと辛いものがありました。

 

 

金沢旅行で感動したこと

 

 

①伝統工芸体験

 

 

金箔貼り体験をしました。お箸に金箔を貼るものでしたが、綺麗に仕上げることができ、嬉しかったです。

 

 

金箔は薄く、とても繊細なものです。丁寧に作業することが肝心でした。

 

 

普段使わないような道具や、意外な接着方法など、目からウロコがでるようなことがたくさんありました。

 

 

伝統工芸体験は、人気で予約がなかなかとりずらかったのですが、本当に体験して良かったと思います。

 

 

②灯籠流し

 

 

たまたま金沢旅行と百万石まつりのタイミングがぶつかることがわかり、この灯籠流しが観られることは本当に楽しみにしていました。

 

 

日暮れ前から灯籠流しを観る場所とりをして、ワクワクしながら待ちかまえました。川にたくさんの灯籠が流れていく光景は、とても幻想的で美しかったです。

 

 

写真を撮ることに夢中になって、目に焼き付けることを忘れそうになりました。

4c9767dff7c524e0224b3b5b8749e6ca_s

 

③魚介の美味しさ

 

 

私は北海道に住んでおり、金沢で海鮮を食べるのはどうかな~とも思っていました。一緒に行った女友達は関東に住んでいます。

 

 

ぜひとも金沢でお寿司を食べたい、お魚を食べたいとのことで、一度だけちょっと高めのお店に入りました。結果、大満足でした。

 

 

④金沢21世紀美術館

 

 

私が今まで訪れたことのある「美術館」は、ただただ美しい芸術作品を展示している、というイメージでしたが、金沢21世紀美術館は美しい芸術作品だけでなく、シュールな芸術作品が数多く展示され、今まで自分が抱いていた「美術館」のイメージが覆されました。

 

 

中には、社会派の作品もあり、世知辛い世の中を風刺されていて、色々なことを考えさせられる場でもありました。

 

 

金沢旅行で楽しかったこと

 

 

①山中温泉

 

 

今回の旅行では、かがり吉祥亭という温泉旅館に宿泊しました。

 

 

宿泊日が平日で混んでいなかったので、当初予約したプランからランクアップした部屋に泊まれたようです。

 

 

部屋の窓から川が見えました。部屋から見える風景もきれいで大満足でした。

 

 

温泉もとても綺麗で、露店風呂から見える景色も最高のものでした。立ち湯露天と、ちょっと変わったお風呂でしたが、本当に森に包まれているようで、最高のリラックス効果を感じました。

 

 

食事は、朝・夕でつけるプランにしましたが、どちらも大変美味しく頂きました。とくに、夕食の網焼きで食べるお肉やお魚は最高でした。朝食は、湯豆腐がとても美味しかったです。

 

 

チェックアウト後に、温泉街に沿って流れる大聖寺川の渓谷である鶴仙渓を散策しました。美しい自然の中でお散歩することができ、とても気持ちがよかったです。

 

 

そして、山中温泉のメインストリートでの、ゆげ街道も散策しました。宿泊プランで、ゆげ街道で3回使えるクーポン券がついてきて、大吟醸ソフトクリームなどを楽しみました。

0495da0c92dceb396d79db2ad45a76e4_s

 

②ひがし茶屋街

 

 

まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分で街歩きができます。お土産屋さんもたくさんあります。

 

 

特に女友達との旅行なので、お洒落なアクセサリーを見るのがとても楽しかったです。ちょっと奮発して、金箔を使ったアクセサリーを購入しました。

 

 

あと、お茶屋さんがたくさんあり、何種類かお茶を購入しました。

 

 

旅行から帰ってから飲みましたが、ちょっとクセのあるお茶を選んで買ったので、人によって好みでないものもありましたが、それも含めて楽しい買い物になったと思います。

 

 

ひがし茶屋街は昼間と夜とで、全然雰囲気が変わって、二度楽しめます。ぜひ時間帯を変えて2度訪れると、別の楽しみ方ができると思います。

 

 

この日は百万石まつりが開催されていたので、提灯が飾られていたり、楽しげな雰囲気でした。

 

 

③兼六園

 

 

旅行の時期が6月だったのですが、季節の草花が咲いていて、とても綺麗でした。

 

 

ちょっと広すぎて観るのが大変でした。

 

 

④ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

 

 

友人の勧めで、このお店でケーキを買いました。

 

 

途中になかなか急な坂道があり、徒歩で移動するのは少し大変だったのですが、結果買って良かったなと思いました。

 

 

和と洋が融合されたスイーツがたくさんあり、ここでなければ食べられない味だと感じました。もちろん、スイーツそのものが大変美しく、目でも楽しめるスイーツでした。

Sponsored Links

金沢の込み具合は?

 

 

6月2日から4日の日程で旅行をしました。2日に山中温泉のかがり吉祥亭に宿泊しましたが、空いていたと思います。

 

 

タクシーの運転手さんに聞いた話では、山中温泉は中国人観光客が少ないとのことで、さほど混雑することがないそうです。

 

 

3日4日は、百万石まつりのが開催されていたこともあり、そこそこ人がいました。特に、3日の夜の灯籠流しを観る時は場所取りにそこそこ苦労しました。

 

 

やはり、お祭りということで地元の方も観るでしょうし、観光客の方も多かったのだと思います。

 

 

まとめ

 

 

金沢旅行は、是非女子旅としてオススメします。女子の好きな、温泉・グルメ・スイーツ・まち歩き・アクセサリー等のツボがたくさんありました。

 

 

また、伝統工芸体験も仲の良い女友達でワイワイやるのも楽しいと思います。また、新婚旅行等にも良いのではないでしょうか。

 

 

食事は、ぜひお寿司を食べて頂くことをオススメします。

 

 

もしまた金沢を訪れる機会があれば、今回は初夏の時期の旅行だったので、次は冬に訪れてみたいと思っております。

 

 

そのときは、金沢の冬のズワイガニを食べてみたいなと思います。その他にも、のどぐろや治部煮等、冬に美味しいものを楽しみたいと思います。

Sponsored Links