立山雪の大谷ウォークに行ってきた!驚いた意外なこと・・・オススメのお土産は?

Sponsored Links

11623e787bee01566fc5934a86b82476_s

立山雪の大谷ウォークに行ってきた

 

 

立山に主人と行ってきました。

 

 

主人の実家は長野の北部中野市ですので、何度も長野は訪れていますが、ゴールデンウイークは初めてで、大渋滞でした。

 

 

大阪(吹田)から大津まで、30キロメートルの渋滞で、通常6時間ぐらいかかるところ、8時間かかってしまいました。

 

 

実家に1泊してから立山で1泊して、早朝ホテルから立山を目指すことにしました。ホテルはくろよんロイヤルホテルです。

 

 

露天風呂付きの温泉で日頃の疲れがとれ、肌にまとわりつくようなお湯がここちよく、何度でも入りたくなるようなお湯でした。

 

 

夕食は吉兆の和食懐石で、新鮮な魚と甘みのある信州牛で満足のいくお料理でした。主人は地酒を美味しそうに飲んでいました。

 

 

早めにトロリーバス乗り場に行きたかったので、朝食6時でお願いしました。

 

 

たくさんの種類のバイキングで、新鮮な野菜たっぷりのヘルシーで美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。

 

 

パンは外側がカリッとしていて、中は、ふわっと、バター風味たっぷりのおいしさでした。ホテルを7時に出発、目指すは扇沢トロリーバス乗り場です。

 

 

雪の大谷ウォークの情報

 

 

立山雪の大谷ウォークというのは、毎年4月中旬~6月下旬ぐらいまでの期間イベントです。

 

 

300メートルのおよぶ長さの雪の壁の間を歩くことが出来るのです。

 

 

今年は雪が多かったので、19メートルのたかさに高さに達し、圧感です。

 

 

まず、扇沢から黒部ダムまでトロリーバスに乗って16分で到着です。黒部ダムからケーブルカー乗り場まで徒歩10分かかります。

 

 

黒部ダムとは、満載電力の水力発電用ダムで、高さ186メートル、長さ492メートル、なんと総貯水量は2億立方メートルという日本最大級、世界でも有数の規模を誇るそうです。

 

 

えん提から眺めるエメラルドグリーンの黒部湖と豪快な放水が一番の見どころです。

 

 

黒部湖には、遊覧船もあるのですが、6月1日からということで、今回は乗れませんでした。

 

 

ケーブルカーで黒部平ロープウェイを乗り継いで、大観望まで、最後にトロリーバスで目的の臺堂ターミナルまで混んでなければ、2時間の行程です。

 

 

5月ですが、そこは、雪景色。

 

 

薄手のセーターにダウンジャケット着用、行く前から、立山の情報を収集していたので、寒さ対策はばっちりです。

 

 

この日はいい天気で、ダウンジャケットまではいらない感じでした。臺堂ターミナルから雪の大谷ウォークはすぐでした。

 

 

このターミナルは、立山黒部アルペンルートの中で、最も標高が高く、日本最高所にある鉄道駅として有名です。

 

 

ここから、多数のトレッキングコースがあります。

 

 

木道を進む弥陀ヶ原コース、荒々しい岩肌の地獄谷を望む雷鳥沢往復コース、森林浴で気持ちもリフレッシュの美女平コース、落差日本一の滝を目指す弥名滝コース、ルートで一番人気コースの臺堂平みくりヶ池周回コース、などのすばらしいトレッキングコースがありますので、チャレンジしてみてください。

 

 

残念なことに、この日に大阪へ帰る予定でしたので、トレッキングは次回にとっておきます。

 

 

臺堂ターミナルのすぐ近くにホテル立山がありますが、そこのティーラウンジで、ぜひ味わってもらいたいものがあります。

 

 

立山の湧水を使い、低温で抽出した水出しコーヒーとシホンケーキのセット(1300円)です。贅沢なじかんを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

臺堂ターミナルには、立山山頂簡易郵便局が入っていて、記念切手や立山にちなんだ絵葉書などがそろいます。

 

 

ここから投函した郵便物には、オリジナルの消印が押されますので、知り合いに送ってみるのも楽しいと思います。

 

 

臺堂ターミナルの休憩室で、扇沢ターミナルで買ったお弁当、信州豚丼を食べました。

 

 

甘辛いたれが絡んだ豚がたくさんのっていて、ごはんにしみて、絶妙な味でした。冷めても美味しかったです。

 

 

レストランは混み合ってますので、お弁当はお薦めです。

78688541ee35017ee8993d5bf4329073_s

 

立山雪の大谷ウォークで驚いたこと

 

 

扇沢からトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスという交通手段しかありませんので、これに乗るのですが、往復で9100円と高めです。

 

 

しかし、価値はあります。

 

 

扇沢(長野)から立山(富山)まで抜けれるのですが、車で来ている場合、車を回送してもらわないといけません。

 

 

これが、また高く、1台につき約30000円かかりますので、Uターンがお薦めだと思います。

Sponsored Links

立山雪の大谷ウォークで感動したこと

 

 

パンフレットで見たことはありますが、実際19メートルの雪の壁を見た感想は、とにかくすごい。

 

 

ビルの6階~7階に相当するのですから、それは圧感です。

 

 

300メートルの雪の壁が続き、そこを抜けると、北アルプスの絶景が待っています。これは本当にすばらしいです。

 

 

立山雪の大谷ウォークで楽しかったこと

 

 

扇沢のトロリーバス乗り場で、見かけた、どうみても関西人チックな職員さんが、おもしろおかしく、お弁当やお土産を打っている光景です。

 

 

まんまとお弁当購入してしまった私でした。

 

 

立山の混み具合、待ち時間

 

 

ゴールデンウィークということで、ものすごく混んでいると予想し、早めにホテルを出ました。

 

 

途中黒部平で30分ほど待ちましたが、2時間半ほどで、臺堂までたどり着きました。

3d1e7fa253b5548a12a1a23baf5ae7db_s

 

立山雪の大谷ウォークのまとめ

 

 

この2ヶ月だけの限定の雪の大谷ウォーク、素晴らしい景色があなたを待っています。

 

 

今度は、滝好きの私は、弥名滝コースをぜひトレッキングして、マイナスイオンをたっぷり浴びたいと思います。

 

 

お土産には雷鳥のさとを、後悔はさせません。

Sponsored Links