お茶をおいしく淹れるにはどうすればいいのか?急須のふたに穴があるのはなぜか?お茶の秘密解説します

Sponsored Links

kettle-1364454_640

おいしいお茶を淹れましょう--急須のふたの穴は何のため

 

 

1.急須のふたにはなぜ穴があいているの?

 

 

お茶を入れる急須のふたには穴が開いていますよね?これは何のためかご存じですか?

 

 

以下の3択から答えてみてください。

 

 

a.ふたを作るときに、針金で通したあと。

 

b.熱い湯を入れたとき、ふたが持ち上がらないようにするため。

 

c.急須に空気を入れ、お茶を注ぎやすくするため。

 

 

ふたの穴を指でふさいで注ぐとどうなるか、考えてみるとすぐ分かりますね。もちろん答えはCです。お茶を注ぐときに必要な、空気の通り道です。

Sponsored Links

2.急須のふたの穴の位置はどこが正しい?

 

 

実は、お茶を入れるとき、急須のふたの穴の位置はとても重要です。穴の位置が正しいところにあると、こぼすことなくお茶をスムーズに注ぐことができます。

 

 

正しくは、急須の注ぎ口側に合わせることです。注ぎ口側に穴をもってくることにより、穴から取り入れられた空気が茶葉を動かし、正しい対流がおこって、おいしいお茶を作ることができるそうです。

 

 

逆に、注ぎ口の反対側に穴がくるようにふたをすると、急須の中で空気がうまく流れず、茶葉とお湯がうまく回転せず、ふたのまわりからお湯がこぼれてしまうことがあります。

 

 

さらに、柄物の急須の場合は、ふたの穴がきちんと注ぎ口にくるようにすると、柄が合うようになっていますよ。チェックしてみてください。

 

 

3.おいしいお茶の淹れ方

 

 

さて、穴のひみつが分かったら、おいしいお茶を淹れてみましょう。まず、人数分の杯より少し多めに、お茶の葉を入れます。

 

 

その後お湯を注ぐのですが、おいしいお茶を淹れるためには、温める水の種類、お湯の温度がポイントとなります。それによってお茶のおいしさ(甘み・渋み等)が変わってくるからです。

 

 

まず、使用する水についてです。日本のお茶葉は、硬水だとうまく味が出ないようです。ミネラルウォーターを使用してお茶を淹れる際には、軟水の水を使用し、温めてお湯にします。

 

 

続いてお湯の温度は、一般的には、甘みを出したいときには低めの温度(50~60℃程度)のお湯を使い、ゆっくりとお湯を注いでいきます。かなり低い温度なので、寒い時などはぬるく感じてしまうほどです。

 

 

その場合は、はじめに低い温度のお湯を少量注いで2分ほど待ち茶葉をしめらせ、その後もう少し高い温度のお湯を入れるとよいでしょう。

 

 

煎茶は、もう少し高い温度(70~80℃程度)だとおいしく感じるようです。さらに、ほうじ茶・玄米茶などはもっと高めお湯で、さっとお湯を注いで淹れるのがいいそうですよ。

 

 

少しのポイントを押さえるだけで、おいしいお茶がいただけるんですね。

Sponsored Links