最近話題の怪鳥「ハシビロコウ」ってどんな鳥?その知られざる生態や魅力を徹底紹介!

Sponsored Links

12441457ac89e03a9896d90705fe9e6c_s

近頃注目を集める怪鳥「ハシビロコウ」という鳥について、情報をまとめてみました

 

 

ハシビロコウ、皆さんはご存知でしょうか?

 

 

今回は、ハシビロコウとはどの様な生き物なのか、その知られざる生態や魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

【ハシビロコウの生態】

 

 

ハシビロコウとは、ペリカン目ハシビロコウ科に属する大型鳥類で、和名だと「嘴広鸛」嘴が幅広いという意味だそうです。

 

 

生息域はアフリカのビクトリア湖周辺の湿地や川です。

 

 

現在は住処が減ってきたり、人間が外から持ち込んだ魚に餌を奪われたりして数が減り、生息数は1000羽から10000羽。

 

 

その生態についてもまだ謎多き鳥のようです。

 

 

絶滅危惧II種に指定されている貴重な鳥です。

 

 

体長約120cm、体重は5kg程

 

 

アンバランスな大きな嘴、頭の飾羽に鋭い目つき、羽を広げた長さは2mを超える見た目のインパクトから、「怪鳥」とも呼ばれています。

 

 

【ハシビロコウは捕食が苦手】

 

 

ハシビロコウは「動かない鳥」として近頃有名になってきていますが、それには理由があります。

 

 

それは彼等の捕食の仕方にあります。

 

 

餌である魚を捕まえる時は、魚が近くに来るまでひたすらじっと待ち伏せし、狙いを定めて顔からダイナミックにダイブして捕まえます。

 

 

何十分もじっと待つこともあるので、故に動かない鳥と言われるようになったみたいですね。

 

 

ですが、その捕食もヒット率が低い…

 

 

そう、あまり捕食が上手ではありません。せっかく捕らえてもポロっと落としてしまったり…。そこがまた愛嬌があります。

43016a60b7959195ed333128df6d8e43_s

 

【日本で見れるハシビロコウ】

 

 

現在日本の動物園で飼育されているハシビロコウは合計17羽(2017年)

 

 

上野動物園5羽、千葉市動物公園2羽、掛川花鳥園1羽、伊豆シャボテン公園1羽、めっちゃさわれる動物園2羽、神戸どうぶつ王国4羽、のいち動物公園2羽と、東から西で会う事ができます。

 

 

伊豆シャボテン公園のビル(雄)が推定年齢43歳以上で国内最高齢です。

 

 

各動物園、思考を凝らした展示をしていて、特に神戸どうぶつ王国では他の数種類の動物と同じ敷地で飼育されていて、のびのび暮らしているハシビロコウを見る事ができます。

 

 

しかし、ハシビロコウは縄張り意識が強く、基本は単独行動ということで、各動物園では仕切りで一羽ずつの展示や交代制の展示になっています。

 

 

上野動物園や神戸どうぶつ王国では2羽体制の展示もあって、2羽とも常に距離感を保っていますが、時に緊迫した争いが勃発することもあるようです。

 

 

そのため、繁殖も困難なようですね。

Sponsored Links

【ハシビロコウの行動】

 

 

ハシビロコウには親愛の行動があります。

 

 

それが何とも愛らしいもので、首をフリフリ振りながら何度もお辞儀をするとても礼儀正しいものです。

 

 

もう一つ、嘴を叩き合わせて大きな音を出す「クラッタリング」と呼ばれるものもあります。

 

 

このクラッタリングとお辞儀で愛情を示す仕草は、動物園の飼育員さんに対してよく見られるようで、大好きな飼育員さんに頭を撫でてもらうと嬉しそうに甘えている姿がファンからしたらたまらないようです。

 

 

何度も足を運べばお客にもやってくれることもあるみたいですよ。ちゃんと愛情をもって接してくれる人をわかってくれているとても頭のいい鳥のようです。

 

 

他にも、動物園のハシビロコウは水浴びをしたり、豪快に飛んだり、羽をバサバサさせてダンスをしたり、丸太やお立ち台に登ったりと、色々な行動を見せてくれます。

 

 

人に慣れているからでしょうか、サービス精神が旺盛です。

 

e3e0066d4fcfed787776140d0b974e12_s

【最後に】

 

 

ここまで読んで頂けたらもうお気づきかと思いますが、「動かない鳥」で有名なハシビロコウですが、意外と動く時はよく動きます。

 

 

初めはそのミステリアスな姿に驚かれるかもしれませんけれど、きっと愛らしい魅力に気づいたら大好きな動物になるかもしれませんよ。

 

 

色々な表情を見せてくれるハシビロコウ、是非一度会いに行ってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links