除光液の使い方はネイルだけではない?実はいろいろな掃除に使える除光液の実力

Sponsored Links

cosmetology-1471324_640

除光液がいろいろな掃除に役立つ

 

 

1、除光液の用途

 

 

除光液とは、本来は爪に塗るマネキュアやペディキュアなどのネイルを取り除くために製造され販売されています。この除光液は臭いが独特であり、とてもきつい刺激のあるものです。

 

 

除光液を染み込ませネイルを落とした使用後のコットンを、ごみ箱に入れているだけで、そこからツンっとした不快なにおいがしてきます。

 

 

この除光液にはアセトンという成分が含まれていて大量に使用すると有害な作用も引き起こす危険も伴います。それは引火したり、めまいや吐き気などを模様すようです。

 

 

しかしマネキュアを落とす程の、ほんの数滴程度の使用ならば、体への影響などは一切何も問題はありません。

 

 

この除光液は女性のコスメ類を取り扱う棚に置かれて販売されていますので、マネキュア落としに使用する事以外は考えもつかないと思います。

 

 

しかしちょっとした取り除けない掃除に使用する事も可能なのです。

Sponsored Links

2、色々なものを除去できる除光液

 

 

除光液は、爪についたマネキュアを除去するものですが、それ以外にも実はあらゆるものを除去する事が可能な便利なものなのです。

 

 

例えば、爪にマネキュアを塗っていたら洋服にマネキュアが付いた場合も、除光液を薄めて染み抜きをすることが可能です。

 

 

洋服に油性ペンのインクの液体が付いた場合にも同じ方法で染み抜きして除去することが出来ます。

 

 

他には、靴についたどうしても取れない汚れや、歩いていて踏んでしまって付着したガムを取り除く事も可能なのです。

 

 

そしてシールやガムテープをはがした後のべたべたの粘着も取り除くことが出来るのです。

 

 

他には、プラスティックに付いたひどい垢やシミや汚れなどは、汚れの部分だけを拭きとるように表面だけをサラッと拭き取ればきれいに不要なものだけ除去することが出来ます。

 

 

このように布やゴムやプラスティックの素材のシミや汚れなど、色々なものを除去できる除光液なので、あらゆる箇所に大いに活用できるのです。

 

 

しかし物によってはキツイ成分なので、拭き取ったつもりが、ぎゃくに白く色ついてしまったりする場合もあります。だから爪以外の用途に使用する場合には、必ず原液を薄めて、ほんの少量づつ様子を見ながら使用すると良いでしょう。

 

 

3、除光液の使用方法と注意点

 

 

除光液はマネキュア以外の、取れにくいあらゆる成分も除去してくれる優れた商品ではありますが、使用するのに注意点があります。

 

 

それは、付着したものが乾いていない状態で除光液をつけると付着したものが他の箇所へにじんでしまうことです。

 

 

例えば、マネキュアを塗りたての時に除光液を塗るとマネキュアが乾いていない状態なので、取り除きやすい場合もありますが、マネキュアが伸びてほかの皮膚へついてしまう事もあります。

 

 

それは除光液も液体なので、液体の状態と液体の除光液がまじりあって、他の箇所までシミになったりにじみ出る恐れがあるのです。

 

 

だから少しだけ乾いてから、除光液を使用すると、取り除きたい部位だけを除去することが可能でしょう。

Sponsored Links