風水を利用したガーデニングをすることで恋愛運がアップした人の話

Sponsored Links

coast-631925_640 (2)

土の気を取り入れると開運体質になれます

 

 

1、ガーデニングをして恋愛運アップ

 

 

最近は、結婚氷河期と言われてます。その原因の1つに昔みたいに縁談の世話をして下さる人がいなくなった事があります。

 

 

風水的にも縁談のお世話をする人がいなくなったのは、風水に沿った生き方をしてないからであり、そのツケが現代社会なのです。

 

 

風水とは、自然と調和する事です。風や水や草花や様々な自然と調和するという意味のみではなく、心も純粋な自然にならないと運気は開けません。

 

 

自然破壊が行われて、自然と調和できない日本になったからこそ、人間の心身も本来のあり方も変化して来ました。人間の心身を本来のあり方に戻すと日本の雇用や少子化や結婚氷河期も改善されます。

 

 

まず森林等の緑を破壊させた事により、人間の心身のバランスを崩してエゴイズムな性格になります。エゴイズムな人間に紹介をしようと言う親切な人はおらず、日本の全般的にエゴイズムな人が増えてます。

 

 

世間全般的に日本はエゴイズムなイメージがついてますので、自分がエゴイズムな人柄でなくても意味がありません。そのため婚活をしてもパートナーと巡り会えない人が多いです。

 

 

できれば婚活をしないで、自然に出会えるのが風水に叶ってます。そうなる為には現代の日本には、自然を増やす事が必要です。

 

 

少なくても個人でガーデニングをして土の気を取り入れるのが良いです。自然と触れ合えば触れ合うほど風水が叶いやすい体質になれます。

 

 

部屋で育てられる観葉植物を育てるのも、自然の気を取り入れられて開運体質になれます。

 

 

スポンサーリンク

2、ワイルドストロベリーを育てるのが吉

 

 

ハーブ系でワイルドストロベリーと言う植物を育てるのが恋愛運には良いです。

 

 

風水では実の成る物が大吉とされてます。ガーデニングで育てるなら特にワイルドストロベリーがベストですが、ハーブ系の植物や果物の木を育てるのが風水的には大吉です。

 

 

ワイルドストロベリーは育てるだけで食べてはいけません。もしワイルドストロベリーを食べてしまったら失恋しやすくなったり恋愛運下がりますので気を付けましょう。

 

 

3、ガーデニングの植えすぎは良くない

 

 

鉢植えでガーデニングをする場合は、植えすぎは注意が必要です。植えすぎは、風通しが悪くなり良い気が回りにくくなります。

 

 

夏なら朝顔やゴーヤや胡瓜等の季節感を感じる植物を植えるのが運気アップの秘訣です。ミニトマトやトマトを植えて食べるのは、悪い気を浄化するのでお勧めです。

 

 

茄子をガーデニングで育てるのも気を浄化して下さいますのでおススメです。

 

 

ハーブや野菜等の食べられる植物をガーデニングで育てるのも風水的には運気アップに繋がるのでおススメです。

Sponsored Links