ダイエットを成功させるためにはカロリーコントロールが最も重要!そのやり方と持続の仕方公開

Sponsored Links

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s

食事管理が重要

 

 

もちろん、ダイエットには運動という手段もありますが、摂取カロリーを消費カロリーより抑えることが大切です。

 

 

運動では、痩せるにはとてつもない努力が必要です。

 

 

運動より食事で

 

 

50キロの人が1キロの脂肪を落とすだけでもランニングで150km・ウォーキングだと300km必要になります。

 

 

毎日5キロ歩いても1キロ痩せるのに2ヶ月かかります。

 

 

周りから痩せた?と言われるまでは3キロだとしても半年かかります。

 

 

運動でのダイエット効果は低く、食事をコントロールする方が楽に痩せられます。

 

 

カロリーコントロールさえすれば、例外なくほぼ全ての人がダイエットに成功します。運動して体重をコントロールするのはスポーツ選手などアスリート向けです。

82ebf1173871fb99d9deff9bda1b2e4d_s

 

どんな食事が効果的?

 

 

ただ低カロリーの食事をするだけでは、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。

 

 

筋肉が落ちてしまうといくら、痩せていても引き締まった張りのあるからだには見えません。

 

 

筋肉を落とさず脂肪を落とすことが重要です。

 

 

そのためには、低カロリー高タンパクの食事を心がけることが大切になってきます。

 

 

肉や魚は太るから取らないのではなく、ある程度のカロリーの大枠のなかでしっかりと食べるようにしましょう。

 

 

ダイエット中だからといって食べてはいけない食材はありません。

 

 

外食やデザートなども、だいたいの大枠のカロリーのなかで摂取し、ストレスを溜めないことが大事です。

 

 

カロリーを抑えるために、油はカロリーオフのものを使用して料理することや、ドレッシングも、カロリーオフのものに変えるだけでも大幅なカロリーカットが可能です。

 

 

ノンフライヤーを使って料理すれば、揚げ物でも大幅にカロリーカットすることができます。

 

 

オイルカットできれば、ダイエットだけでなく、健康面でも高血圧、高脂血症、糖尿病予防など良い影響があるのでオススメです。

 

 

カロリー計算することより実際の摂取カロリーを抑えることがポイント

 

 

カロリー計算は、性格的な問題もありざっとの計算が楽な人や、細かく計算したい人など、自分に合った方法で行ってください。

 

 

大切なのは計算よりも実際の摂取カロリーを減らせるかどうかです。

Sponsored Links

目標は長期的なものにしましょう

 

 

1週間で何キロ痩せると決めてしまうと、初めの1週目は痩せたのに次の1週間は変化がないなどでモチベーションが下がってしまいます。

 

 

1ヶ月や半年など長期的な目標にしましょう。

 

 

特に女性は、生理周期などで体重が左右されます。水分量も毎日違うため、1・2キロは左右されます。

 

 

モチベーションが下がってしまいダイエットに失敗したと思い、ドカ食いをしてしまうと意味がなくなります。なので、目標は長期的なものに設定するのがオススメです。

 

 

筋トレしながらダイエット

 

 

先にも述べたように、筋肉を落としてしまうと、綺麗なボディラインは実現しません。

 

 

カロリーコントロールと共に筋トレを取り入れるとより良い体作りができます。

 

 

筋肉を付けるのに効果的なのがスクワットです。ですが、スクワット自体にダイエット効果があるわけではありません。

 

 

あくまで筋トレ、綺麗な体を作るためにカロリーコントロールと併用して行えばよりよいダイエットになるといえます。

 

 

スクワットだけを行いダイエットに失敗したということはよくあります。それは、スクワットにダイエット効果がないからです。

 

 

体重を落とすことを目的にするのではなく、筋肉を付ける事が目的になります。これを、理解しておかないと、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

576d65060b804185892434a8d51444a8_s

 

まとめ

 

 

これらのように、ダイエットに大切なのは消費カロリーより摂取カロリーを少なくすることです。

 

 

大枠のカロリーのなかで摂取する食品を選んでストレスのないダイエットをしてください。

 

 

ダイエットと平行して筋トレを行うことでただ体重が減るのではなく綺麗なボディラインをつくることができます。

Sponsored Links