肌トラブルを起こさないためのおすすめの美容法とは?実は「皮膚の生理機能」が鍵を握っている

Sponsored Links

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

おすすめの美容法を探すなら皮膚の生理機能に着目することが大切である

 

 

女性であれば誰もが綺麗でいたいと思います。なぜなら女性は綺麗でいると幸せ感を感じるという本能があるからです。

 

 

綺麗でいるためには美容法は欠かせません。

 

 

しかし、世の中にはたくさんの美容法がある中で自分にあう美容法を見つけるのは大変です。

 

 

だからこそそんな時は皮膚の生理機能に着目してみることが大切です。

 

 

皮膚の生理機能とは

 

 

人間は風邪をひいたときに元に戻ろうとする力があります。皮膚も同様です。

 

 

例えば怪我をしてもだんだんキズが薄くなりかさぶたになってきてものが剥がれ落ちてしまうと皮膚は元通りに戻っています。

 

 

また、子供にころは日焼けをしても冬になると白く戻っています。

 

 

このように元に戻ろうとする力のことを「皮膚の生理機能」と言います。

Sponsored Links

皮膚のリズム

 

 

では次に皮膚のリズムについてお伝えします。

 

 

一般的にお化粧品できれいになれると思っている方は多いですが、皮膚は化粧品から栄養をもらうわけではありません。

 

 

血液と酸素から皮膚の細胞は生まれます。

 

 

その生まれた赤ちゃん細胞が形を変えて上に行き角層になってから老化角質(垢)となって剥がれ落ちます。

 

 

このリズムが28日周期だと健康な状態と言われます。

 

 

一方お化粧品はどこまで入るかと言うと角層までです。

 

 

皮膚自体にはバリア機能で外からの異物をはねのける力、異物から中の大切なものを守る力があります。よって、お化粧品は中まではいりません。

 

 

しかし、薬は入るので俗に言う「医薬品」や「医薬部外品」は皮膚内部まで働きかけるでしょう。

 

 

だからこそ「シミに効く」などとうたっている物は基本的に「医薬部外品」と言えます。

053bd7d4e44e458a5ab6b7c7abc2a61d_s

 

皮膚の大切な役割

 

 

では、何に注目して美容法選ぶかですが、皮膚の大切な役割である「水分」「血行」「排出」に着目することです。

 

 

この3つの力はもともと人間が持っているが年齢や環境により力が落ちてしまうため引き出すことが大切です。

 

 

化粧品でいうと「水分」は化粧水や乳液、「排出」はクレンジングや洗顔、あとはピーリングと言われる垢取り、「血行」はマッサージと言えるでしょう。

 

 

通うエステを見てみると「水分」にはスチームはあったり、「排出」には毛穴の汚れを取る工程、「血行」ではハンドマッサージや機器によるマッサージなどがあります。

 

 

美容法を選ぶ際の注意点

 

 

以上を見てみると単純に化粧品やエステで勧められたから買うとかではなく、しっかりとこの皮膚のリズムや役割に注目をして選択をすることが賢く経済的に選択できることにつながるのではないでしょうか。

 

 

しかし、例えばマッサージもやりすぎは皮膚を薄くしてしまったり逆にたるみや敏感肌の原因になることもあります。

 

 

なぜなら顔の肌は手や足とは違い筋肉が複雑にできていて皮膚自体も体に比べて薄いのでとても繊細と言えます。

 

 

洗顔も乾燥している時とベタベタしている時とでは変えないと逆に乾燥の原因になったり赤みなどの肌トラブルを引き起こしてしまうこともあり得ます。

 

 

ようはケアによっては肌負担になってしまうということです。

 

 

もちろん季節に行ってもお手入れ変える必要があるので皮膚のことをしるだけではなく今の自分の肌をみること、それにあったケアを選択することがとても大切です。

 

 

以上、美容法についてお伝えしてきました。

0b4d698786e2034f6caca003c610b247_s

 

綺麗でいるためには何がしらの努力が必要です。そのためには知識をつけること、意識をすることも必要言えます。

 

 

とても大変なことと思われるかもしれませんが、逆に言うと、それさえ身につければどんな肌トラブルが起きても自分で自己管理ができるというわけです。

 

 

その中で自分の今の肌状態に合う美容法を選択していかれることをおすすめします。

 

 

ぜひ、未来のお肌にとって今から知識と意識をもってケアしていきませんか。

Sponsored Links