2017年東京ディズニーランドホテルを格安で予約する方法を紹介!2泊したからわかった裏技を公開

Sponsored Links

東京ディズニーランドホテルに格安で予約し、2泊してわかった魅力とメリット・デメリット、裏技など

 

みなさんは東京ディズニーランドの正面にあるホテルで、東京ディズニーランドからも見える豪華なホテルに泊まったことがありますか?

 

その名も「東京ディズニーランドホテル」

 

私は今回初めて2泊連続で泊まってきました。まるで魔法にかかったような楽しい時間を過ごせたので、格安で予約する方法と、東京ディズニーランドホテルに泊まるメリット・デメリットを徹底解説したいと思います。

東京ディズニーランドホテルに20%オフで泊まる裏技をご存知ですか?

 

その方法とはとても簡単です。

 

JCBのディズニーJCBカードを作る

 

これだけです。

 

これで毎年大体ディズニーホテルに泊まろうキャンペーン春、夏、秋、冬行っていますので、キャンペーンに従って予約するだけ・・・

 

これだけで通常の10%~20%は安く泊まることが出来ます。

 

対象ホテルは大体いつもディズニーアンバサダーホテル・東京ディズニーランドホテル・東京ディズニーセレブレーションホテルです。

 

東京ディズニーシーミラコスタはいつも対象外なので、ミラコスタに泊まりたい人は定価で泊まるしかなさそうです。(この間は改装中の部屋が格安で予約できました)

 

しかも、楽天やJTBなどの旅行サイトで予約すると一人いくら?という計算方式になるのですが、ディズニーJCBカードから公式ホームページで予約すると1部屋いくら?になります。

 

ですので、友達と行く場合、割り勘ができると思うので、かなり格安に泊まることが可能なのです。

 

東京ディズニーセレブレーションホテルで20%オフを使えば2泊で39000円前後の部屋がありましたので(4つのベッドがしっかりあります)、これを4人で割れば、一人2泊で9750円、1泊の料金はなんと4875円です。

 

これはビジネスホテルより安い感じになります。

 

ちなみに東京ディズニーランドホテルの場合6月の閑散期だと2泊で66000円前後でした。ということは1泊33000円です。

 

仮にこれを友達4人で割った場合、66000÷4=2泊で16500円 1泊にすると8250円なので、近くのホテルより割安になるのです。

 

友達と行く場合、この方法で予約することをオススメします(私の場合は家族なのですべて家計からの支出ですが・・・)

 

ただ1部屋料金の場合、おじいちゃんやおばあちゃんなどのスポンサーがいれば、かなり格安で泊まれること間違いなしです。

Sponsored Links


東京ディズニーランドホテルに泊まるメリットは?

 

東京ディズニーランドホテルに泊まるメリットは数え上げればキリがありません。

 

わかりやすいメリットを書いて行きたいと思います。

 

駐車場が地下にあり、雨の日でも濡れずに済む。そして空調が効いているので早めについても車で快適に休憩・仮眠できる

地方からくるとどうしても高速の空いている内に東京ディズニーランドに行きたいものです。東京ディズニーランドホテルなら早くついても地下駐車場でゆっくり出来ます。雨が降っていても濡れないのは本当に助かります。

 

地方から来る人は、アーリーチェックインまで車でのんびりすることをオススメします。

 

東京ディズニーランドホテルなどディズニーホテルに泊まらないと買えない特別なチケットが買える

 

私はこのチケットに感動しました。2泊するので、1日目を東京ディズニーランド、2日目を東京ディズニーシーと決めていたのですが、ディズニーホテルに宿泊する人限定で当日からどちらのパークにも行き放題のチケットが販売されていました。

 

金額は少し上乗せされていますが、充分元が取れます。

 

我が家はジェラトーニの大ファンなので、1日目東京ディズニーランドで楽しんで夜ご飯を食べたら、一旦東京ディズニーランドのお土産をホテルに置いて、東京ディズニーシーにグッズだけ見に行きました。

 

そして2日目は東京ディズニーシーを満喫して、夜ご飯を食べたら東京ディズニーランドに戻ってホテルに荷物をおいて、ふたたび東京ディズニーランドに行き、買い物や乗り物にゆっくり乗りました。

 

これだと無駄なく東京ディズニーリゾートを楽しめたのでオススメです。

 

ディズニーリゾートライン3日間のフリー切符がついてくる

 

東京ディズニーランドホテル泊まった人の特典でディズニーリゾートラインのフリー切符がタダでついてきました。実質1000円近く得をします。

 

これで、東京ディズニーランドも東京ディズニーシーも行き放題でした。

 

2日目には15分前にパークに入れる「ハッピー15エントリー」がある

これが最大のメリットかもしれません。

 

これがあれば、東京ディズニーシーで最も行列になる「トイストーリーマニア」のファストパスも楽々ゲットできます。

 

ちなみにミラコスタに宿泊すると1日目から「ハッピー15エントリー」が使えるので、それはミラコスタ最大のメリットですね。

 

東京ディズニーランド閉園時間ギリギリまでいても、ホテルが目の前

 

これも本当に助かりました。

 

定期的にお土産をホテルに置くこともできますし、ギリギリまでパークを楽しめます。

 

みんなが急いで帰る中、ゆっくりホテルの方角へ歩く優越感は最高です(笑)

 

ホテル内にコンビニがあるので、小腹が空いても安心です。

 

東京ディズニーランドホテル限定のグッズが買える

 

最近よく持っている人を見かけますが、東京ディズニーランド宿泊者限定のトートバッグが買えます。

 

ディズニーホテルによって色が違うので、どこのホテルに泊まったのか?知っている人がみたらすぐにわかりますし、デザインもかわいいので普段使いにも最適です。

 

ちなみに私は高くて買いませんでした(汗)

 

東京ディズニーランドホテルでもらえるアメニティーグッズがかわいい

 

東京ディズニーランドホテルに泊まると持って帰ることができるアメニティーグッズがあるのですが、それがかわいいのなんの。

 

子供用のコップは東京ディズニーランドホテルのロゴが入っているので、さりげなく友達などに自慢出来ます(笑)

 

夏限定で東京ディズニーランドホテルのプールに入れる

 

これは私も知りませんでしたが、夏にはプールがオープンするそうで、そのプールに宿泊者は入れるそうです。

 

※これは試していません。

 

ホテルチェックアウト後も駐車場は停められるので、イクスピアリやディズニーショップ「ボンボヤージュ」でお土産の買い忘れを買える

 

最終日でチェックアウトしても駐車場は夜まで停められるので、舞浜駅方面にあるイクスピアリやボンボヤージュでゆっくり買い物できます。

 

東京ディズニーランドホテルに泊まるデメリットは?

 

東京ディズニーシーが少し遠い

 

東京ディズニーランドからだと東京ディズニーシーは反対側なので、ディズニーリゾートラインで少しかかりました。

 

でも気にならないぐらいですが・・・

 

帰りがめちゃめちゃ名残惜しい気持ちになる

 

これが最大のデメリットです。

 

子供たちが帰りたくないと言い始めたり、大人でさえも帰りたくない気持ちになります。

 

そんな気持ちにさせてしまう東京ディズニーランドホテルはすごいですね。

 

東京ディズニーランドホテルは1度は泊まってほしいホテル

 

1度泊まると病みつきになります。

 

またハロウィンの時期に20%オフを使って予約しました(笑)

 

もし友達3人か4人ぐらいで行くなら、閉園ギリギリまで楽しめる東京ディズニーランドホテルをオススメします。

 

東京ディズニーランドの目の前にあるのに部屋数が多いため、比較的予約は取りやすいです。

 

そして割り勘すれば、かなり安く泊まれます。

是非東京ディズニーランドホテルに泊まってみてはいかがでしょうか?まさに夢の国ですよ。

Sponsored Links