金運がある人とない人の違いは何か?お金に好かれる生活習慣を意識しよう

Sponsored Links

money-1428587_640-2

金運を上げる風水

 

 

金運のある人、ない人の違いはどこだと思いますか?もちろん仕事の種類によって収入に差があったりもしますが、根本的に金運のある人は、お金に好かれる生活習慣を持っています。

 

 

金運がないと嘆いている人は、ぜひ風水を使って自分の取り巻く生活環境、衣食住を変えて金運をアップしましょう。その方法をいくつかご紹介します。

 

 

お札が眠るのは財布の中です

 

 

お札にとって居心地が良いように、顔を揃えて折り目は付けず、1枚1枚シワを伸ばしてからお財布にしまってください。

 

 

三つ折りタイプのものよりも長財布の方がお札にとって居心地が良いです。

 

 

家の玄関は綺麗に保ってください

 

 

どんな幸運もまず玄関から入ってきます。玄関のたたきが汚れ、要らない靴で溢れて臭った玄関には金運はまずやって来ません。

 

 

「貧乏くさい」という言葉があるように、金運に恵まれていない家はたいてい汚れていることが多いです。すっきりと掃除し、換気をして綺麗な空気を取り込んでください。

スポンサーリンク

寝室を「運気の上がる仕様」にしてください

 

 

どの方角に寝室があるかは人それぞれだと思うのですが、それぞれの方角に合った、相性の良い色をインテリアに取り入れてください。

 

 

ゴールド系は金運を上げるのに強力に効くので、ゴールドを取り入れて高級な雰囲気に替えると良いです。

 

 

人は寝ている間に運気を吸収するので、寝室が汚れているのはもってのほかです。綺麗に整理整頓して、余分なものは処分し、空気の循環を良くしてください。

 

 

「西に黄色」はご存知の方も多いと思いますが、金運を上げたかったら西側に黄色をたくさん置いてください。特に、生もののフルーツは効きます。

 

 

バナナももちろん効きますが、「実る」という意味では丸いフルーツもよく効きます。例えばオレンジ、ミカンやグレープフルーツなどをたくさん置くと良いでしょう。

 

 

キッチンマットを新しいものに替えてください

 

 

古いマットには汚れが蓄積されており、金運も汚してしまいます。すぐに替えて、金運を新しく蘇らせましょう。

 

 

どの方位においても黄色が金運を上げるのに効果的ではありますが、それぞれの方位と相性の良い色を置いても良いです。

 

 

北はピンクやオレンジ、東は赤、青や白、南はグリーンやベージュ、西は白がおすすめです。

 

 

「金は天下の回りもの」という言葉があります。ケチな人は、自分のところでお金を留めてしまうのでお金の流れが悪くなります。出さないと新しいものは入って来ません。

 

 

浪費するのではなく、周りの人のためになることならすすんでお金を使ってください。「ケチに金運なし」と風水では言います。

 

 

上記で挙げたことを生活に取り入れてみると、金運が良くなるだけでなく気持ちまでもがスッキリとし、前向きになると思います。楽しみながら、ぜひ取り入れてみてください。

Sponsored Links