2016年金運に恵まれる間取りはどんな間取りか?

Sponsored Links

euro-870757_640-2

2016年金運を上げてお金を手に入れたい人はどんな間取りを選べばいいのか?

 

 

お金がなくても幸せという人がいますが、人並みにお金がないと現代社会で生きていくことは大変です。

 

 

何をするにもお金がかかりますし、旅行にいくのにもお金がかかります。

 

 

物価も昔に比べて上がっているため、30年前の1.5倍収入がないと最低限の生活すらおくることが出来ません。

 

 

今回はお金が貯まりやすい間取りを紹介していきたいと思います。

 

 

・西側に和室があるとお金が貯まりやすい

 

 

西側に和室がある家は、お金が貯まりやすいと言われています。

 

 

特に北西に和室がある家はお金が貯まりやすいだけでなく、宝くじやロト6、商店街のくじ引きなど勝負の運も上がります。

 

 

金運が欲しい人は西側に和室がある家を選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

・南側に水回りがない

 

 

南側に水回りがあるとお金が流れやすくなってしまいます。また北西や家の中央に水回りがある家も注意が必要です。

 

 

水回りは風水的には水が流れるように、運気が流れやすいので対策をする必要があるのです。

 

 

もう入居していて間取りを変えられない人がほとんどだと思いますので、鬼門の方角に水回り(特にトイレがあたる家が多い)がくる場合は・・・

 

 

トイレマットやトイレカバー、浴室マットなどのインテリアをオレンジ系や黄色系の暖かみのある色に変えましょう

 

 

そしてこまめに掃除と喚起を心掛けて悪い気を流すようにすれば、それほど問題ありません。

 

 

・北東側に居室があるとお金が貯まりやすい

 

 

北東側は日本の家の設計上、水回りがくることが多いのですが、分譲マンションなどですと北東側に居室があることが多いです。

 

 

北東に居室がある家は、お金が貯まりやすく、そしてお金を残すことが出来る間取りと言われています。

 

 

子供に財産を残したいなら北東に居室がある間取りを選びましょう。

 

 

まとめますと・・・

 

 

西側が和室で、北東に居室があり、南側に水回りがない間取りを選ぶと金運に恵まれた人生を歩みやすくなります

 

 

すべての間取りにいえることなのですが・・・

 

 

南側に窓があって太陽の光をしっかりと取り入れることが出来る家は、悪い気を取り払い、健康的な生活を送る上で間違いありません。

 

 

太陽パワーを取り入れて健康的な生活を送ることが風水的にも人間生活的にも大切なことです。

 

 

間取りで迷ったらまずは南向きの家(もしくは南から太陽がしっかり入る家)を選びましょう

 

 

その上で金運アップや恋愛運アップなどプラスの要素を足していくとうまくいきやすいです。

 

 

悪い気がこもる家は運気が下がりますので、窓を開けて換気がしっかり出来る家も選ぶ基準の一つにしましょう。

Sponsored Links