家で一番安らげる場所は?風水を使って寝室の運気を上げると人生が好転します

Sponsored Links

sleep-1209288_640-2

風水的に理想的な寝室の部屋

 

 

1、寝室は風水的に吉にするべし

 

 

1日の大半を、殆ど外に出て居る人でも、家に帰る理由は、寝て体を休める為です。だから寝室は家で1番安らげる憩いの場所として重要視されるべきです。

 

 

それに風水においても、三大要素として重要な場所とされます。風水はキッチンと、玄関と、寝室が特に吉となるような、位置や配置を見ます。

 

 

寝ている時間と言うのは、6時間や8時間など、人の生活環境によって様々なのですが、睡眠は1日の中で、とても長く行う行動です。

 

 

寝る行為は1日の疲れを取り、明日への活力も与えて、体のリズムも整える行為でもあります。だからこそ、この寝る場所になる寝室はとても重要なのです。

 

 

2、風水的寝室の間取り

 

 

寝室は夜にしか、行かない部屋だからと、室内をいつも暗い状態にしがちですが、昼間の明るい内に太陽の光を取り入れて、空気の入れ替えをして、清掃も怠らないようにしましょう。

 

 

寝汗でダニが繁殖しない為でもありますが、それ以外に、風水的に気の流れが良くなる為に換気や掃除は必要です。

 

 

そして寝るベットや布団の配置は、風水的には寝室に入る扉の方へ頭が来ないようにする事です。そして扉から出来るだけ離して布団やベットを位置付けると良いです。

 

 

ベットや布団の配置をしたら、寝る時の向きですが、風水的には、北枕が吉となります。北枕は、エネルギーが流れる方向なので、眠りが深くなるのです。

スポンサーリンク

3、寝室を吉運にする開運グッズや家具の配置

 

 

風水で寝室の配置や、開運を見るには、個人の生年月日や方位に合わせて吉方位を調べるので、人それぞれの寝室となります。

 

 

それで寝室を出来るだけ吉運にする為に、布団の模様や柄、色や、形なども変えたい場合には、寝る位置の方角と、そして何の運を上げたいかによって、模様や色も個々変わって来ます。

 

 

仕事運ならストライプ柄、恋愛運ならピンクなど様々あります。

 

 

寝る本人がこの色なら、この柄なら、落ち着いて寝れると言う色合いや柄を選ぶと良いと思いますが、風水的には、きちんと調べて本来の自分に合ったものを使った方が運気が上がります。

 

 

運気を上げる色や柄で寝た方が、眠りから覚めた時や今後への影響は良い運気になる事でしょう。

 

 

そして寝室に寝姿が写ると良い運気が吸い取られるといわれるのは有名ですが、寝室は着替える場所なので、鏡がどうしても必要と言う場合もあります。

 

 

その場合には、眠る寸前に鏡の上に布を掛けて置く事で対処出来ます。

 

 

このように眠っている間に良いエネルギーが与えられるように、風水的に理想的な寝室に作ることが出来るのです。

Sponsored Links