知っているようで知らない近隣諸国の風水事情とは?そこから日本が学べることは何か?

Sponsored Links

rustic-945421_640-2

近隣諸国の風水

 

 

風水の本場は中国です。中国の風水は、家相学を重んじます。

 

 

それは商売繁盛にも風水が重んじられるのです。香港では高層マンションに穴を開ける建築構造になってるのも珍しくありません。

 

 

飾りとしての穴ではなく、気の流れを良くする為に穴を開ける建築構造になってる建物が多いのです。

 

 

時代はイギリスの支配下にあった香港の話です。中国銀行の横に香港上海銀行が建つ時に中国銀行は、イギリス資本が香港上海銀行に流れてるかもしれないと焦りました。

 

 

焦りに焦りまくった中国銀行は、建物を三角にして上海香港銀行の方に向けて三角の鋭利な刃物みたいなオブジェを作りました。

 

 

三角の建物は、悪い気を跳ね返し、刃みたいなオブジェで相手の攻撃をブロックしました。それに対抗して香港上海銀行は、中国銀行の攻撃をブロックする為に丸い楕円形のオブジェを作りました。

 

 

香港では金色を強調した建物やマンションの入り口に竜の置物を置いたり、風水を日常に取り入れてます。 日本で風水が流行り出したのは、数十年前ぐらいからです。

 

 

中国や香港や韓国等の近隣諸国では、皇帝や王朝時代から風水が学問として重んじられて来ました。中国や韓国では、国が繁栄する為にも風水を重んじて城を建てたぐらいです。

スポンサーリンク

近隣諸国では背後に山があり、表に川があり、周りが丘陵地の土地が良い気が流れてると考えられてます。ですので、そういう土地に城を建てられました

 

 

日本ではインテリアや置物や観葉植物等で開運を目指すのが一般的な風水の理論です。家相学や土地の気の流れを ほとんど考えられてません。

 

 

風水の本場の中国では、住人の生年月日から住人に合った風水を割り出します。そういう意味でも日本は、近隣諸国に比べると風水が まだ日常に浸透しておらず、風水が発展してません。

 

 

日本でも土地の気の流れを重視すれば、今の雇用難や結婚氷河期や少子化も改善できます。個人が家庭で風水をする場合は、できるだけ風通しの良くて太陽の光が入る時間の長い物件に住むのが良いです。

 

 

山が見える土地なら比較的良い気が流れてます。山に向かって様々な感謝を伝えてください。山は、噴火したり自然のメッセージを伝えますので人間と密接な関係でなければなりません。

 

 

森林破壊をするなら その倍の樹木を山に植えなければなりません。そういう事を身近に感じれる距離に住むのが理想的です。

 

 

韓国では山岳を信仰する人が多く、山岳には神がいて尊いと言う思想が風水に取り入れられてます。

 

 

日本も山をはじめ、自然を尊いと感謝して、気の流れを重視した風水が発展すると、再び経済的にもバブルが来るでしょう。

Sponsored Links