風水と日本の伝統行事の関係は?今こそ風水を見直して心願成就しましょう

Sponsored Links

shrine-801609_640-2

伝統を大切にする心こそ風水的にも開運の秘訣です

 

 

日本の伝統文化を継承するのが風水では大吉とされてます。現在では、暦の上での行事として大晦日やお正月等は継承されてます。

 

 

継承されずに衰退してしまった文化が、かなり多いのも現状です。

 

 

例えば十五夜は、現在でも継承されてます。昔は、十五夜のみでなく十三夜とか十五夜以外にお月様を敬う行事が有りました。ムーンパワーと言う言葉が有る様にお月様にはパワーが有ります。

 

 

最近少し疲れ気味と感じたら、お月様を見上げて月光浴をすると疲労回復ができたり・・・。お月様には不思議なパワーが有ります。

 

 

運気の良い女性は、月光浴をよくします

 

 

月経と言う言葉が有る様に女性の体のメカニズムは、お月様の周期と同じスパンで次の月経が来るのが一般的です。

 

 

美人になりたいとか恋愛運を高めたいとか願う女性は、お月様の出てる日には月光浴をした方が良いです。そういう意味で昔は、十五夜以外でも十三夜等の行事がありました。

 

 

もし可能なら十五夜等で、お月様を眺める時に近所に住んでる一人暮らしの高齢者を誘い、一緒にお月様を眺めるのも風水的には大吉です。

 

 

また現代は、地域での伝統行事を継承する人がいないのも風水的には大凶です。

 

 

地域での伝統行事は、神社系の物なら神様に感謝を表す為の行事です。だんじり等は、これにあたります。

スポンサーリンク

現代は、時間に追われて忙しい時代です

 

 

ですが地域の為に時間を作り、地域の伝統行事の為に動けないなら地域の経済発展をはじめ、様々な発展はありません。

 

 

日本には、確かに過疎地域と言われて若者がいない地域もあります。ですが都会に出て来た若者は、故郷の為に・・・行事の為に帰省するぐらいの気持ちがあれば、地域の発展が期待できます。

 

 

自分と縁も所縁も無い地域でも その地域の伝統を継承させたいとボランティア精神で貢献する人が多ければ、日本の発展があります。

 

 

また最近は、子孫がいるのに先祖の墓を始末する墓じまいも数多く行われてます。先祖への感謝や先祖の墓に手を合わすのは、風水的には基本の原則です。ですので墓じまいなんて絶対にしてはなりません。

 

 

人間は、いつか死に至ります。自分が子孫に残さなければならない財産は、土地や金品ではありません。

 

 

必ず残さなければならない財産は、お墓です。 お墓は、子孫の運気を反映させる大事なアイテムでもあります。

 

 

お墓があるからこそお墓詣りの行事があり、先祖に対する敬いの心も自然と出てくるのです。子供の情操教育にも役立ち、子供の運気にも左右します。

 

 

現代は、昔に比べて心願成就しにくい世の中です。昔の心を蘇る様に昔を振り返れば、必ず現代人は開運しますので実践してください。

Sponsored Links