風水を使った運気アップの方法でみんなが忘れている3つの事

Sponsored Links

architecture-1052706_640 (2)

風水を使った運気アップの方法

 

 

1.よい運気を向かい入れる準備をしましょう

 

 

「玄関はきれいにしておきましょう」と風水について調べたことのある人は耳にしたのではないでしょうか?それは運気の入り口となるからです。

 

 

運気の入り口がきれいかどうかで運気は左右されると言われています。玄関、トイレ、寝室は運気の入り口と言われています。

 

 

玄関によい運気が入ってくるようにこまめに掃き掃除をするようにしましょう。くつはいつくも出しっぱなしにせず、必要ないくつは靴箱に直しておくようにしましょう。

 

 

トイレは拭き取りなどの簡単な掃除でも大丈夫です。さらに生花を飾っておくと悪い運気を吸い取ってくれ、運気アップに繋がります。

 

 

寝室では快適な睡眠をとると健康によいだけでなく、よい運気が溜まります。そのためにはいくつかのポイントがあります。

 

 

「枕元に物を置かない」「小さな灯りとほどよい香りを入れる」「鏡に自分が映さないようにする」この3つです。

 

 

人の頭は、運気を吸収する大切な部分ですので、枕元やその周辺に物があると運気が吸い取られてしまいます。

 

 

特によくないのが携帯電話です。携帯電話は電磁波を放つことで人の運気に悪影響を与えます。

 

 

小さな灯りとほどよい香りは、睡眠中の人の運気を倍増させる力があります。

 

 

鏡に自分の寝姿が映ると人の運気は跳ね返されてしまいます。寝室に姿鏡等がある方は、場所を変えるか布を被せる等して姿を映さないようにしましょう。

 

 

2.運気の通り道を作ります

 

 

運気の入り口が整ったら、次は通り道を作ります。それは環境を整えることです。環境というのは、主に仕事、友人などの人間関係です。

 

 

自身の人間関係を整理すると悪い運気のルートが無くなり、よい人間関係からくる良い運気に恵まれてきます。そのためには一緒にいて幸せになれる人、そうではない人を思い浮かべましょう。

 

 

一緒にいて幸せじゃない人とはなるべく距離を置きます。自身にとって重要な人物の場合がありますのでうまく見極めるようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

3.運気を一生味方に付けましょう

 

 

良い運気は幸せな人に定着します。幸せな人とは、「自分に自信があっていつもニコニコしている」「優しい心の持っている」人です。

 

 

そういう人は良い運が定着し不動のエネルギーとして宿っているのです。

 

 

そのためにまずは、自分に優しくなりましょう。自分を許せる人は他人も心から許すことができるのです。

 

 

最終的には悪い運気も受け止めることができるようになり、物事をポジティブに見れるようになり、良い運気に変動していくのです。

 

 

ここで気を付けてほしいことが、無理やり優しくなろうと行動しないことです。無理をしているのですから長くは続きません。

 

 

自分が自然と優しい心を持ち始めるのを、気長に待ちましょう。

 

 

きっと、優しい心で満たされた時には、最高の幸せがやってきます。

Sponsored Links