風水を使って簡単に開運?まずは自分の身の回りで出来ることから始めましょう

Sponsored Links

0I9A6297ISUMI_TP_V

風水を利用して運気を上げる最も簡単な方法

 

 

1、風水を使って運気を上げる

 

 

風水の力とは、エネルギーの流れが良くなる事です。

 

 

仕事のヤル気が無くなっていても、次第に能力が上がったり、やるべき事を成し遂げ、活力や気力が増し、プラスの作用へ繋げ様とする力が宿る事です。

 

 

気分が乗らなくても体力が出て来たり、自分自身がマイナスになっていても、風水の力で自らを押し上げてくれる力が出て来る作用があるのです。

 

 

そんな風水を使った運気を上げるには、良いエネルギーが効率良く宿るように、配置する事なのです。

 

 

まずは身の回りの事から洗い出し、悪い厄を追い払って、良い運気を呼び込むことです。

 

 

2、悪い運気を取り除き開運に繋げる環境

 

 

普通に楽しい生活をしていたら神頼みなんてしないのに、厄年だと解れば急に神頼みや厄払いに行く事があります。

 

 

このように、自分自身良くないエネルギーの状況でないかどうか、悪いものが付いていないかどうか、悪い周辺環境になっていないかどうかを、確認する事が先決です。

 

 

身の回りを改めて見てみると、家の中は間取りが決まっているので、なかなか気が付きにくいものですが、方角や、家具や、小物の配置に寄っても、幾分か悪い環境を防いだり、取り除いたり出来るのです。

 

 

風水では、余分で不要なものをいつまでも置いて置くと、どんどん悪いエネルギーが蓄積されて行きます。

 

 

だから要らない物はすぐに捨てて、自分に取って良いものを取り揃えて行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

3、環境や間取りや備品の配置によって風水の運気が上げる

 

 

部屋にはたくさんのものが置いてありますが、ダンボールや古雑誌やゴミなど、要らなくなったものは、玄関の近くに置かない事です。

 

 

それは、このような不要物は悪いエネルギーを吸い込み易いのです。

 

 

玄関は良い運気、新しく活力を起こさせるエネルギーが入って来る神聖な場所であるので、いつも清潔に整理整頓させて置き、良い運がたくさん入りやすくするのが良いのです。

 

 

だから不要物などは長期間家に置かないことが鉄則です。

 

 

そして家の中央部分は、活力や体力などのエネルギーを保持する力を持つので、家の中央部分や、部屋の真ん中は開運グッズを置くのが好ましいでしょう。

 

 

風水は備品の配置や、向きも重要視しますが、色柄や形や素材も決め手になります。

 

 

これらは、自分との調和につながりますので、出来るだけプラスのエネルギーになるような物品を揃える事が好ましいでしょう。

 

 

自分に取って相性の良いものを取り揃えるのも良い手法ですので実践していきましょう。

Sponsored Links