風水初心者でも出来る家の間取りの風水活用術

Sponsored Links

frogs-1374463_640-2

私が友人にアドバイスした風水活用術を紹介します

 

 

この友人は家を土地から買って建てるところだったので、家の間取りを考えるとき、長く住む所だから、できれば運気の良い・・・縁起の良い家になるといいなと思い、風水を取り入れるようアドバイスしました。

 

 

まず、立地から考えて、風水的に良くないとされるお墓や鉄塔の近くは避け、敷地は正方形で家の形も正方形だったので、カケと言われるものもなく、出っ張りを作ることもなくすみました。

 

 

南向きなので、玄関は運気の良いとされる東よりの南側に作り、朝日が登って1日中日が当たるので気持ちが良く、前より健康になったそうです。

 

 

ドアまでのアプローチから階段、玄関内の床は、南にはとても良いとされる色のホワイトを私の助言で選んでもらいました。私の風水の知識がなければ選んでなかったと言っていましたが、今では玄関が明るくなったと喜んでいます。

 

 

上がりかまちの高さも悪い運気が運ばれてこないように、低く過ぎないようにしてもらい、鬼門の位置はとても大切なので、直ぐに押さえて、裏鬼門と表鬼門上には水回りなどが配置されないように、台所の位置やトイレ、お風呂の位置を考えてもらいました。

 

 

そんな中、どうしても洗濯機などの水関係を鬼門上に置かなければならなくなったので、お塩と水晶を鬼門に置いて清めてもらっています。

 

 

トイレも窓がある方が良いので、設計段階で窓を作ってもらいました

 

 

お風呂も換気ができるように、東側に窓を作り朝日が入るようにしてもらいました。湿気がこもらないので気持ちいいと今では大絶賛です。

 

 

スポンサーリンク

家の中心の位置はパワーがとてもある場所なので、水回りや階段を持ってくるのはダメなのです

 

 

逆に綺麗な物を置いたり、植物を置いて運気を高めることもできるのです。

 

 

玄関から対極線状に水系の物も置いてはダメなので、花瓶や水槽など置かないようにアドバイスしています。

 

 

造花やぬいぐるみも運気的には良くないので、極力置かないようにアドバイスしています。

 

 

2階の寝室は、風水的には決まりはないので、南側にしてもらい、お札などを東向きに貼ってあるので、頭は東向きに寝るようアドバイスしました。

 

 

広さはあった方が良いので、2階で1番広い部屋を選び、あとは落ち着くカーテンの色や壁紙にしてもらいました。

 

 

家の間取りはなかなか変えることができないので、友人の意見を尊重しながら最大限運気の上がる間取りにしました。その他は小物の選び方や色の使い方をアドバイスしました。

 

 

それから1番大切なのは、毎日の掃除です。靴屋マットなどは、日に干してトイレやお風呂の汚れやすい所は毎日掃除をして汚れで運気が下がらないようにしてもらっています。

 

 

おかげで毎日気持ちよく、健康で過ごせることが出来ていると感謝されています。あれから5年になりますが、その後友人は仕事運も上がり、部長に・・・健康にも子宝にも恵まれ、今はとても幸せとのことです。

 

 

これから家を建てる時には風水を取り入れて、いい気の入る家を建てましょう。

Sponsored Links